読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「一瞬のリセット」と「一週間のiPhone のない生活」(その2)

f:id:OLD_FRIENDS:20170501151816j:plain

iPhone から YOGA BOOK への Bluetooth テザリングがうまくいかないのにいら立って、iPhone の設定で情報のリセットを押してしまい、「工場出荷時の状態」に戻ってしまいました!
それでも、ここから「サインイン」をして、消えたデータを iCloud から復元し、消えたアプリをダウンロードすれば、手間はかかっても元の状態に戻すことができます。

 

ところが、「サインイン」に必要なコードが通知される iPhone の電話番号が、その半月前に格安シムに変更(MNPをせずに新規番号に変更)していたことから使えなくなっていたのでした!
Apple ID はロックされた状態になりました・・・

 

気を取り直して、Apple ID の復帰に取り掛かりました。
登録しているクレジットカード番号等の入力画面が現われました。
誤入力のないよう、カードを見ながらゆっくり入力してタップしました。

 

ところが、ところがなのです!
入力情報が正しくないことが表示されたのです!
数度入力し直しましたが、やはりダメでした。
このクレジットカードが Apple に登録されているのは間違いなく、現に、その1週間前に購入品の支払いがこのカードで決済されているのです!?

 

Apple ID の自力復帰作業は、ここで完全にストップ!
このあと、セキュリティ・デバイスの電話番号を変更して、そこに送られてきたコードを入力し、ID の復帰を待つしかありませんでした。
復帰完了の通知は新たに登録したデバイスに送られてくること、この作業には数日かかることがあること、を告げる文章が画面に表示されました。

 

iPhone の画面は、「サインイン」状態のままなので何も使えません。(この状態でも最低限度で使うことができたのですが、このときはそれを知りませんでした)
あとは通知が入るのを待つしかありません!
・・・・・
まだ通知が入りません。
・・・・・

 

復帰完了の連絡を待って、とうとう一週間、未だ通知なし!
しびれを切らし、ネットで Apple サポートサイトにアクセスすると、期日を指定してアドバイザーに電話相談できることが分かり、翌日の朝一番に電話をもらう予約を入れました。(もっと早く連絡すればよかったのです)

 

翌朝、アドバイザーから電話が入り、状況を說明した後、アドバイザーの指示に従ってわたしの iMac の画面上で Apple ID 復帰についていろいろ試みました。(アドバイザーが遠隔操作するポインターが画面を動き回っていました)
その結果、2つの選択肢が示されました。

 

①今まで使っていた Apple ID を復帰する。
 ID 復帰に必要となるコードが、新たに登録したセキュリティデバイスへ送られてくるのを待つ。
 長ければ一ヶ月近くかかることがある。
 ただし、その間、消えたアプリ・データは復元できないが、iPhone は使えるようにできる。
②ロックされて使えない Apple ID を放棄し、新しい ID を登録する。
 消えたデータ・アプリの復元はできないばかりか、今まで購入したコンテンツ(アプリや楽曲など)がすべて消えてしまう。
迷わず①を選択しました!

 

そして、気長に通知を待つことにしたのですが、早くも翌日の夜遅く、通知が入りました!
ところが、喜び勇んで通知を聞いたものの、その内容は、「アップルのリカバリーサイトにアクセスしてください」と言うコンピューター音声だけで、コードの通知がありませんでした!
前の、入力したクレジットカード情報の拒絶と言い、この肝心のコードを告げない通知と言い、一時的に Apple Japan のサーバーが誤動作していたようでした!

 

その翌日、再びサポートに電話をかけ、再度、通知を出すよう手配してもらったが、通知なし!
また、電話をかけ、手配をしてもらったが、やはり、通知なし!
3度目の正直で、やっと通知を受取ることができ、無事 ID 復帰・「サインイン」にこぎつけることができました!
復帰したところで、もう一度 Bluetooth テザリングを試してみましたが、やはりダメでした・・・

 

ああ、しんどッ、「リセット」はもうコリゴリ!!