定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「マイ iPad」と Chromebook

f:id:OLD_FRIENDS:20160420111953j:plain

 「MacBook からキーボードがなくなるのでは?」という記事をネットで読み驚きました。

 Apple が「感圧タッチキーボード」の特許を取得しているのだそうです。

 ディスプレイの手前には、本物のキーボードがなくなり、ただフラットなボードがあるだけで、そのボード上にライトでキーボードが表示されるだけです。

 手の平や指がボードに軽く接触しているだけではなにも反応せず、本物のキーを入力するように指がボード上に表示されたキーを押すと、触覚的な振動を起こし実際にキーを押した感触が得られるという優れものだそうです!

 従来のソフトウェアキーボードは、ディスプレイに少し触れただけで入力してしまうので、手の平や指は常に浮かした状態にしないといけなく、また、指でキー部分を押しても反応の感触はないのでブラインドタッチ入力などとてもできません。

 ところが、この「感圧タッチキーボード」ではブラインドタッチ入力ができそうです!

 また、キーボードは、ハードでなくソフトウェアで制御されるので、いろいろなパターンのキーボードやテンキーなどを利用することができます。

 そして、キーの厚みがなくなるので、MacBook の厚みをさらに薄くすることができます!

 

 ここからは、わたしの個人的でかなり独断的な意見です・・・

 MacBook は今のキーボード付きでもかなり薄く軽いのですから、キーボードをなくしボードだけにあえてする必要があるのでしょうか?

 それよりも、さらに一歩進めてボード自体をなくしてしまってはどうなのでしょう?

 (キー)ボードを取り払ってディスプレイだけにする!?

 あっ!!  それは iPad じゃないですか!

 そうです!  iPad の画面上のソフトウェアキーボードを「感圧タッチ式」にすれば、ブラインドタッチでスイスイ入力できてしまいます。

 MacBook ではなく、物理的キーボードのない iPad にこそ「感圧タッチキーボード」を備えるべきなのです!

 

 わたしの現役の iPad(初代) は日々酷使され、ハードもソフトも息絶えだえで、満身創痍で、なお毎日頑張って働いています。(まるで定年退職後の持ち主のようです!)

 こういう仕様だったら買い替えてもいいと思うような、わたしにとって理想の「マイ iPadの条件を考えてみました。

●サイズ9.7インチか11インチ。

●ゲームも負荷のかかるソフトも使わないので、安くするため CPU はそこそこでよい。

●感圧タッチキーボード必須。

●ウィンドウの位置と大きさを自由に設定できるマルチウィンドウ機能。

タブレット背面に収納でき、無断階に固定できるスタンド付。(画面を縦にも横にも固定できるもの)

●ペン入力不要。(ペン描画は使わない)

●モノラルスピーカー。(タブレットで音楽を聴かない、映画を見ない)

●カメラ不要。(タブレットで撮影しない)

●できるだけ薄く、軽く。

●不要な機能を削ぎ落としできるだけ安価に。(ここが一番大事)

 

 まあ、機能のかなり偏った「マイ iPadは永久に手にすることができないでしょう!

 また、「感圧タッチキーボード」が「マイ iPadに搭載されたとしても、「Google日本語変換」に勝るものがあるのか? また、ソフトウェアキーボードで文章の表示画面が狭くなってしまう、という問題が残ります。

 

 結局、日本語入力の決定版は? Chromebook !!