定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

Dyson V8 Slim Fluffy と あこがれのコードレス

f:id:OLD_FRIENDS:20190916140808j:plain

前回ブログのとおり、あこがれの Dyson V8 Slim Fluffy がわが家にやって来た~!

テレビコマーシャルでナイスボディな金髪女性がさっそうとダイソン・コードレスクリーナーを操っている姿にホレボレ・・・

 

 

移動中の電源差し替えと絡み合うコードにストレス爆発寸前!

なんと言っても移動を伴う機器にはコードレスは欠かせません!

たとえば、

コード付きダイヤル式電話機よりスマホ

コード付きパソコンより iPad Pro !

コード付きクリーナーよりホウキ・ハタキ!?

・・・

 

 

そうして、初めて Dyson コードレスを使ってみてそのメリットと同時にデメリットも分かってきました。

 

 

【メリット】

煩わしいコードがないというのはチョー便利!

コンセントを探さなくていいし、長く絡みやすいコードの取り回しにイライラすることもなし!

また、この機種は日本向け仕様の最軽量なので軽々部屋を移動できます。

ゴミの吸引力も問題ナシ。

 

 

【デメリット】

そんな便利な Dyson コードレスですが、使ってみるとやっぱり、と言うか気になるところが出てきます。

排気の問題です!

 

 

排気は、コード付きは床を移動する本体後方に排出されますが、コードレスの場合はハンドル後方本体から横に排出されます。

テレビコマーシャルの女性のように、姿勢良く操作していると問題ないのですが、少しでも前かがみになったり、短い隙間ノズルで操作すると腕や顔に排気が噴出されてしまいます!

ウプッ!

 

 

さらに、軽いと言ってもやはりそこそこの重量はあるので、片手でレバースイッチを引きながら本体を支えていると、親指の付け根あたりに本体の重量がかかり、そのあたりの皮膚がいつも本体に圧迫され、こすられることになります。

 

 

何気なく手の甲を見て、知らない間に親指の付け根にすり傷ができているのを不思議に思い、すぐその原因に思い当たりました!

それからは、排気が当たらないよう、すり傷ができないよう注意しながら掃除することになりました。

 

 

まあ、いろいろデメリットを書き連ねましたが何事も完璧なものはありません。

それらデメリットを差し引いてもコードレスはなおかつ便利で、さらに、今までのコード付きよりずっと短時間で掃除をすますことができるというメリットに勝るものはありません・・・

 

 

定年後のお友達、今日も元気だダイソン君!!

 

 

 

 

定年後の生活 と Dysonクリーナー

f:id:OLD_FRIENDS:20190912204029j:plain

Dysonクリーナー本日到着!

今バッテリー充電中。

充電に5時間かかるそうなので、初掃除は明日の予定。

 

 

定年後の生活を送るようになり、いつのまにやら掃除機がけはこっちの役目になっちゃった!

もっとも料理や食器洗い、それに洗濯もやっていないのだから、掃除くらいしないとバチが当たるかも・・・

 

 

そういうことで掃除ひとすじ、今の時期は汗を垂らしながら頑張る日々。

いったん掃除が自分の役目だと認識すれば、そこは道具にこだわる性分。

数年前からあのエルメスやヴィトンに匹敵するネームバリュー抜群のクリーナーを使い出したのでした・・・

 

 

Dyson クリーナー!

キャッチコピーに恥じない吸引力抜群のスグレモノ!

初めて Dyson を使ったのはコード付クリーナー。

ただ、吸引力が強すぎ、タタミやフロアに吸い付いて身動きできないこともしばしば!

手元スイッチで吸引力を弱め、やっとスムーズに使えるという荒馬並み!

 

 

ところが、最近、その手元スイッチが故障!

すぐお客様相談室に連絡すると、修理料金は万単位!

修理の代わりに新製品コードレスクリーナーを割引サービス付きで紹介されることに!

 

 

確かにコード付きは重くて取り回しもとってもとっても面倒!

ちょうどコードレスが欲しくなってきたやさき。

そのうえ、1割余の割引のほか、8%還元キャンペーンも対象となるそうな!

 

 

そのような経過で本日晴れてコードレスクリーナーが手元に到着!

Dyson V8 Slim Fluffy !

日本の住宅向けに設計された軽量コードレスタイプ!

おっと、充電が終わったような・・・

 

 

さて、最新 Dyson コードレスの使い勝手は?!