読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

映画「メッセージ」と YOGA BOOK

f:id:OLD_FRIENDS:20170527131733j:plain

アカデミー賞受賞作「メッセージ」を昨夜見てきました。
これの前に見た映画は、「君の名は」でした。
話題の映画というので見ましたが、主人公の年齢が大きく離れているせいか、また、昔のモノクロ映画「君の名は」が頭に引っかかっているせいか、あまり感情移入できませんでした。
その前に見た、これも話題のシン・ゴジラは、これまでのゴジラ映画の延長と思っていたのが、良い意味で大きく期待を裏切られ、大震災や原発について改めて考えさせられました。

 

さて、今回見た「メッセージ」ですが、期待通りの充実した内容で2時間余りがあっという間に過ぎました!
突然の「UFO 到来」という衝撃的な設定にかかわらず、事態の展開は人類の行く末についてじっくり考えさせるものになっています。
「UFO 到来」の目的を知るため、言語学者ルイーズが、物理学者たちと共にその解明に当たり、苦労の末、ついに・・・

 

地球外生命体から人類への「メッセージ」がこの映画のテーマとなっていますが、また、この「メッセージ」という映画そのものが、自国の利益を極端に優先する、現在の混迷する世界に投げかけられた「メッセージ」とも受け取ることができます!

 

ところで、この映画の中でもタブレットが登場します。
8年前に見た映画アバターの中でタブレットを見たときは、初代 iPad が発表される1年前だったので、興味しんしん食い入るように画面を見たのを覚えています。
それから、iPad を始め様々な形のタブレットがこれまで登場しているので、この点に関しては新鮮さを感じませんでした。

 

今も、このブログを図書館で、タブレットにもなり PC にもなる YOGA BOOK を使って入力しています!
もちろん、iPhone と効率的な Bluetooth テザリングでつないでです。

 

ところが、図書館に来る前、マクド店でつなごうとしたときは、エラー表示が出てつなげませんでした!
また、ダメになったのか、と心配しましたが、場所を変えて試すと成功したことを考えてみますと、どうやらマクド店内の座っていた席周辺の電波が微妙に影響していたのではないか、と思われます!?
そう言えば、以前急につながらなくなったのもマクド店内でした。(別の日には接続できたこともあったが?)

 

ネットをググってみますと、WIFIBluetooth の干渉についての記事もみかけます。
マクド店内は WIFI が提供されていて、その電波の強い席だと、繊細な Bluetooth は、影響を強く受けてしまうのかもしれません。(これはあくまでも推測です)

 

SF 映画にピッタリの近未来ツール、YOGA BOOK!!

 

 

 

「半落ち」と フィクション

半落ち (講談社文庫)

この前クライマーズ・ハイを読んだことから、同じ作者というので半落ち」(横山秀夫を読みました。
今までミステリーはほとんど読んだことがありませんでした。

 

若い頃は、ほとんどフィクションばかり読んでいましたが、最近では「想像世界」よりも「現実世界」の方にはるかに興味を抱くようになり、従って、ノンフィクション・ドキュメンタリー・スポーツ・ニュースなどの本や番組が主な対象になっています。
純文学やミステリーは純然たるフィクションなので、自然遠ざかることになります。

 

そういうなかでクライマーズ・ハイを手にしたのは、32年前に起きた日航機墜落事故が題材になっているので、一種のノンフィクション・ノベルとして読んだからでした。
トーリーと並行して、当時の自分の会社や家庭での状況を思い描きながら読んでいくと、いっそう興味深く読めました。

 

こんどの半落ちは完全なフィクション(ミステリー)ですが、力量ある作者の手になるものだけに、エネルギッシュな文章に押されてどんどん読み進めます。
この作品は、十数年前発表され、評判になり、映画化もされました。
当時は、仕事に追われていたこともあり、タイトルが頭の片隅に引っかかっている程度でした。

 

現職警察官が、アルツハイマーの妻の苦しみを見かねて殺害し、自首します。

ところが、殺害から自首までの間に二日間の空白があり、それについては黙秘を続けます。
謎の二日間をめぐって、警察官・検察官・新聞記者・弁護士・裁判官・刑務官が、それぞれの立場で必死にその謎を追い求めます・・・

 

警察や検察などの組織間の対立も作者の得意とするところで、作家になる前の新聞記者時代の経験が生きているのでしょう。
事件自体はそう複雑ではないだけに、謎の二日間をめぐって最後までグイグイ引っ張っていく力は並大抵ではありません!

 

フィクションもそう捨てたもんじゃないぞッ!!