定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「夏の生活、今・昔」と「時をかけるシニア」

f:id:OLD_FRIENDS:20180720223438p:plain

 

たーだーいーま~!
小学生の孫が昼前学校から帰ってきました。
今日は一学期の終業式。
これから「子供たちは大喜び・親たちは気が重くなる」長〜い、長〜い夏休みが始まります・・・

 

外はギラギラ強い日差しが照りつける高温多湿のサウナ風呂!
毎日小学生が熱中症で倒れるニュースが跡を絶ちません!
日中はあまり外に出ないよう、家の中はエアコンで適温を保ち、また、こまめに水分を補給するようにとのアドバイス

 

これまで、体力の衰えた高齢者に言われていたことが子供たちにも当てはまるようになりました!
そう言えば、今どきは小学校の教室もエアコンが完備されています。
子供たちの体力が落ちてきたのか、それとも地球温暖化による亜熱帯化が進行しているからか?!
さあ、ここから団塊シニアの昔話しの始まり〜!

 

団塊シニア世代の公立の小学校・中学校・高校にはエアコンがなかった!
夏はチョー暑く、冬はチョー寒かった!
わたしの高1時代の校舎は、鉄筋コンクリに建て替える前の木造校舎だったので、冬のビュービュー吹き込んでくるすきま風の冷たかったこと!
そうそう、大学でも冬のストーブはありましたが、夏のクーラーはなかった!(大正時代の木造建築)

 

おまけに、裕福な家庭でもなかったので、冬に石油ストーブを使い始めたのは高校に上がってからでした。
それまでは、練炭火鉢(死語かな?)のみ。
夜、自分の部屋で試験勉強をしているとき、ハーッと吐いた息が白く湯気になるほど部屋の温度は下がっていました!

 

小学生の夏休みには、毎日ランニングシャツと短パンで外を走り回っていました。
喉が渇くと、水道水をガブガブ。
スポーツドリンクも、ジュース自販機もなし。

 

当初、我が家に冷蔵庫はありませんでした。
やっと我が家にやって来た冷蔵庫は電気で冷やすのではなく、近くの氷屋さんが毎朝大きな氷の塊を
配達してきて冷蔵庫の一番上の部屋に入れ、その氷の冷気で冷やすといういたって原始的なものでした!

 

冷蔵庫・エアコンのほか、テレビも掃除機も洗濯機も炊飯器も電子レンジも風呂もなし。
今から思えば、あの頃は幕末・明治とあまり大差のない生活を送っていたのかも知れません・・・

 

今、孫たちはエアコンガンガンの部屋で「時をかける少女」に夢中!!

 

 

 

「2018 FIFA」と「ワールドカップ・下剋上」

f:id:OLD_FRIENDS:20180717220303p:plain

連日猛暑が続くなか「2018 FIFA」が終わりました!


テレビの前で夜を徹して日本チームの得点・失点に一喜一憂したベルギー戦!
圧倒的な世界レベルの凄さに固唾をのんで見守ったフランス・クロアチアの決勝戦
すべてが終わってしまいました、ア〜ア!(おまえは小柳ルミ子か?!)

 

クロアチアのスピーディーで正確なパス回しと疲れを知らない怒涛の攻撃!
それを上回るフランス若手選手のチータのような速さ!
後世に語り伝えられる名勝負が繰り広げられ、フランスの20年ぶり2回目の優勝で幕が閉じられました・・・

 

地元フランスでの優勝チーム歓迎ムードは最高に高まり、決勝戦にロシアまで駆けつけ応援したマクロン大統領夫妻も祝賀会でご満悦の様子。
当然のことながら、新聞テレビは特集番組を組み、日本でもフランスのニュースビデオを通じてその模様をパソコンで視聴することができます。

 

今大会の特徴として、スター選手を擁し優勝が予想された多くのチームが、はるか下位ランクのチームに早々と敗退していきました。(日本チームも惜しかった!)
サッカーの世界にも新しい時代を予感させる大きな波が打ち寄せてきているのでしょうか・・・

 

クロアチアに代表される「ワールドカップ・下剋上」!!