定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「収容所のプルースト」と 過酷な環境下の講習会

収容所のプルースト (境界の文学)

しばらく前、新聞の書評欄で紹介されている本のタイトルを見たとき、強烈な不協和音が頭の中で鳴り響きました!
そのタイトルとは?
「収容所のプルースト」!

 

プルーストと言えば、あの有名な二十世紀を代表する大作「失われた時を求めて」を著したフランスの作家!
裕福なブルジョワの家に生まれ育ち、長じてはブルジョワ社交界のサロンでの経験を生かして大長編小説を書き上げた病弱で神経過敏な作家!
およそ、戦争や軍隊のような不穏なイメージを想起させる「収容所」とは対極に位置する作家なのに、どうしてこんなタイトルが?

 

この本の著者は、ジョゼフ・チャプスキと言うポーランド人で、歴史の狭間で苦難を味わい九死に一生を得る経験をしたのでした!
1939年のナチスソ連によるポーランド侵攻のとき、著者はソ連強制収容所に連行されました。(2年後に解放される)
著者と同じく収容所に連行されたポーランド人の将校たちは、零下40度の極寒と厳しい強制労働が続く極限状態のなかに置かれました。

 

そんな中、昼間の強制労働による疲労困憊の身体にムチ打ちながら、肉体の自由は束縛されても精神の自由を求め、自分たちだけで自分たちのために講習会を行うことにしました。
しかし、テキストとなる書物の持ち込みは禁止されています。
講師は、過去の記憶だけをもとに同僚に知識を与えられる者がなりました。
講習内容も制限され、政治や軍事について語った人たちはすぐにどこかに移送され行方不明となりました!

 

そういう中、プルーストに心酔していた著者が、プルーストの講習を受け持ったのでした。
そもそも極寒の地での強制労働を終え、疲れきったポーランドの将校たちに、フランスのブルジョワ社交界の物語はまったく不似合い、いや不要ではないのかと最初は思われました。
ところが、著者ジョゼフ・チャプスキの講義によれば、表層的には浮ついたサロンの様子を描いているだけと見える長い長い物語の奥には、人間や社会の奥底までをも見通す鋭い観察眼を備えたプルーストが微に入り細に入り描き尽くした裸の人間の姿が刻まれているのでした!

講義を聞いているポーランド人たちは、昼間の強制労働で疲労の極みにあるにもかかわらず目を輝かせて聞き入り、講義内容をノートにメモしました。
その講義メモがあったからこそ、この本が日の目を見ることとなったのでした・・・

 

華やかなパリのサロンと悲惨な収容所をつなぐ1冊の本!!

 

 

収容所のプルースト (境界の文学)

収容所のプルースト (境界の文学)

 

 

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」と「そういうの好き」

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」(村上春樹)を読みました。
著者初期の三部作風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険を読み終え、それに続く長編小説なのと変わったタイトルに惹かれこの本を手に取りました。
上下文庫本二冊の長編小説を、この次どうなるのかどうなるのかとハラハラドキドキしながら面白く読みました。

 

読み始めは、これまで読んだ著者の他の作品とかなり勝手が違っていたので少しとまどいましたが、しばらく読み進み、この壮大で奇抜な物語のレールに車輪がガチッとハマるとあとは最終章まで一直線でした!
読んでいる途中も読み終えた今も、こんなスケールの大きい不思議なメルヘンチックでもありしかも示唆に富んだ物語をよく考え出したものだ、と感心するばかりでした!

 

著者デビューから6年後36歳のときの作品で、その驚嘆すべき想像力には脱帽!
細部もしっかり書き込まれていて、著者特有のユニークな比喩がスパイスのようにキリッと料理の味を引き締めています。
たとえば、こういう思いもよらない表現にはついニヤリとしてしまいます。
「・・・ウェイターがやってきて宮廷の専属接骨医が皇太子の脱臼(だっきゅう)をなおすときのような格好でうやうやしくワインの栓を抜き、グラスにそそいでくれた。」

 

他の作品にも共通しますが、文章を読んでいると絶えずさわやかな涼風に吹かれているような心地良さを感じます。
また、品の良いユーモアも感じられます。
主人公は、絶体絶命の場面でもパニックに陥ることはなく、全然関係ない考えにハマったりします。
泣くときも笑うときも静か、決して大声で泣いたりわめいたり怒鳴ったり切れたりすることはありません。

 

すばらしく印象的なのは、主人公と女性たちとの会話!
会話の途中、それまでの話しの内容とまったくつながりのない言葉が突然主人公の口から飛び出します。
相手の女性と読者は、一瞬とまどい、続いてその面白さにニヤリとしてしまいます。
女性は微笑みながらこう返します。
「そういうの好き」

果てしない村上ワールドの旅!!

 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)