定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

Surface Pro と YOGA BOOK

f:id:OLD_FRIENDS:20170630143253j:plain

今日でもう6月も終わりです。
早くも今年1年の半分が過ぎたことになります!
年々月日の経つのが速く感じられるようになりました。
梅雨の曇り空のなか、マクド店で YOGA BOOK を開いています。
すぐ横には iPhone6 Plus がネット情報を Bluetooth 経由で送っています・・・

 

今月、新しい Surface Pro の発売開始、7月には新しいタイプカバーの発売も予定され、何かしらムズムズする今日この頃です!
今も使っている YOGA BOOK はモバイルに優れていますが、それはまた画面表示が小さいことでもあり、老眼の進む目には見づらいときもあります。

 

そのうえ、YOGA BOOK を特徴づけると同時に、欠点にもなりえる「バーチャル・キーボード」!
「リアル・キーボード」でなくてもそこそこブラインドタッチ入力はできますが、やはり、速くミスタイプなしで長文を入力するのはなかなか手ごわいです!

 

それじゃあ、「新しい Surface Pro と新しいタイプカバーに入れ替えれば、すべて問題は解決するのか?」と自問すると、一概にそうとも言い切れない、優柔不断にボソボソつぶやく声が聞こえてきます。

 

まず、モバイル本位に考えると、本体の大きさ・重さの問題があります!
それに、モバイル先での PC が必要とするスペースの問題もあります!
現に、今、マクド店内の小さなテーブルの上に、カフェを置いたトレイとその手前に YOGA BOOK を置いている状態を見れば一目瞭然です。(写真上)
狭いテーブルの上では、余分なスペースがありませんが、こういうときには YOGA BOOK が俄然その威力を発揮します!

 

Surface Pro だと、12.3インチで本体が大きく、その分テーブルスペースを余分に 占めます。
さらに、YOGA BOOK のときもその人気の特性がかえって欠点にもなったように、Surface Pro もそれが当てはまります。
Surface Pro を最も特徴づけるもの、それは「キックスタンド」です!

 

「キックスタンド」は、タブレットとして使う場合、自立できて非常に便利です。
しかし、YOGA BOOK のような一体型機器と異なり、「キックスタンド」に要するテーブルスペースが余分に必要となってきます!
狭いテーブル上では、「キックスタンド」付き12.3インチは扱いにくく、一体型のこじんまりした10.1インチ YOGA BOOK の方がノビノビ扱えます!

 

また、Surface Pro のコストは言うまでもなく高くつき、YOGA BOOK の2台分を優に超えてしまいます!
しかも、どちらも OSWindows10 なので、高いからといって特別やれることが変わるわけでもありません。
(Word・Excel などの Office 標準装備はありますが、会社を離れた今では Office を使うことはほとんどなくなりました)

 

さらに、「リンゴマークどうや!」「キックスタンドどうや!」のような目立ちたがり屋と違って、YOGA BOOK は、黒一色、薄くて小型で目立たない、それがかえって気に入っています!
こうして、画面が見づらく、少しタイピングがしづらいにもかかわらず、改めて YOGA BOOK の良さを見直すに至りました・・・

 

モバイル抜群、コスパ抜群、狭いテーブルOK、B-A-N-Z-A-I YOGA BOOK!!