定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

将棋 と ジャズピアノ

f:id:OLD_FRIENDS:20170616120446j:plain

 昨夜、将棋の藤井四段が、棋士になってから公式戦負けなしの26連勝を記録しました!
まだ中学3年生だというのにすごいものです!
今は単独2位の記録ですが、あと3勝すれば単独1位になれます!
サイン入り扇子や写真入りクリアブック、いわゆる「藤井グッズ」も大人気で発売直後にすぐ売り切れてしまいました。

 

最近では、たまに日曜日の朝、Eテレで将棋を見る程度ですが、若い頃、一時夢中になったときがありました。
小学生のときから近所の子たちと将棋はよくやっていましたが、学生の頃、はじめて「定跡」の存在を知ったとき、大げさに言うとショックを受けたほど驚いたのを覚えています!

 

「定跡」とは、長い年月に渡り、先人が考え出し、研究された後、最善とされた将棋の指し手のことです。

「定跡」というものがあるのを知ってから、「定跡」を覚えようと将棋の本を夢中で読みあさりました。
「定跡」さえ覚えれば、向かう所敵なし!と思いました。
どこからでもかかってこいや~!!
「定跡」を覚えだしてからは、友達との将棋の対戦で、いつも「定跡どおり」を心がけて指すようになりました。

 

それからは、対戦相手をバッタバッタとなぎ倒し!
ところが、現実はそうはならなかったのでした!?
勝ち続けるどころか、かえって「定跡」を覚える前よりもよく負けるようになったのでした!?
どうして?!なんで、こうなるの?!

 

冷静に考えてみると、なんでもかんでも強引に「定跡」を使おうとするあまり、そのときそのときの戦いの局面を判断し、適切な指し手を選ぶことをしなかったからでした!
要は、「定跡レベル」と「自分の実力レベル」のギャップが大きく、「定跡」に振り回されていたのでした。

 

今になって思う「将棋上達の道」は、「定跡」を勉強しつつ、あくまでも個々の対戦で自分なりに最善の手を模索し、実戦経験を積む中で、「自分の実力レベル」を「定跡レベル」に少しでも近づけること、これだと思います!
そのレベルに近づいてはじめて、「定跡」が、実際の局面の中で活かされるのでしょう。
このことは、将棋だけに限りません。
たとえば、「ジャズピアノの上達法」にも応用できると思います。

 

最近、ジャズピアノでアドリブをなんとかできるようになりたいと思い、「アドリブフレーズ集」を買ってフレーズを覚えるようにシコシコ練習しています。
この「アドリブフレーズ」は、将棋でいえば「定跡」に当たります。
一方、自分のアドリブなんかはまだまだ問題外なので、「アドリブの実力レベル」と「アドリブフレーズレベル」の間に巨大なギャップがあります!

 

従って、「ジャズアドリブの上達法」としては、「アドリブフレーズ」をシコシコ覚えつつ、キーやコードに基づいた、あくまでも自分なりのアドリブを下手なりに数多く練習し、できるだけ「アドリブフレーズレベル」とのギャップを縮めるようにすることなのです。
理屈は分かったとしても、言うは易し行うは難し・・・

 

アドリブへのなが~い道のり、日暮れて道遠し!!