定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「スーパー通訳者」と「イメージ」

f:id:OLD_FRIENDS:20170605143648p:plain

昨夜、情熱大陸を見て、通訳者橋本美穂さんのすごさ!に驚きました。
フリーランスでなにもかも一人で行わないといけないので、会議室で通訳に使う音声機器の設定や配付も自ら行っていました。
通訳の場では、双方の言葉を瞬時に正確に訳すのはもちろん、通訳するのは二人に限らず、数人の間での会話も一人でこなしてしまう「スーパー通訳者」なのです!

 

彼女は、父親の仕事の都合で、米国で生まれた後、すぐ日本に戻りましたが、小学生になるとまた、サンフランシスコに移り5年間を過ごしました。
やはり、子供時代の5年間を現地で過ごしたことが、英語を微妙なニュアンスに至るまで正確に修得すること(特にリスニング)に大いに貢献したのだと思えます。
もちろん、それを基礎にして、通訳者になるための彼女の並大抵でない努力は言うまでもありません。

 

番組の中で、彼女が、通訳しているときの自身の頭の中を說明した内容が、興味深く感じられました。
まず、「英語」を聴き理解した後、「英語」を直接「日本語」に訳すのではなく、理解した内容をいったん「イメージ」として捕えるのだそうです。
次に、その「イメージ」「日本語」で表現し直します。
これを瞬時に、連続して行うのです!
脳、耳、口は、フル回転!
普通だったら、オーバーヒートしてパンクしてしまいます!

 

「英語」「日本語」の間に「イメージ」が介在するというのは、わたしのつたない英語の経験でも感じていたことでした。
会社で働いていた頃、毎日、車で会社と自宅を片道1時間余りかけて通勤していました。
この往復の通勤時間をなんとか有効活用できないものかと考え、英語のリスニングにあてることにしました。

 

CNN ENGLISH EXPRESSの CD を車中に流しっぱなしにし、耳を鍛えようとしました。
英文を読むのは、そこそこできたのですが、次々と耳に押し寄せる流暢な米国英語の波はとてつもなく速く、「あッ!この単語の意味は、確かあれだったかな?」と思っている間に、ひっきりなしに波は打ち寄せ、すぐにはるか後方に置き去りにされてしまうのでした!
それでも、まあ、3ヶ月ほど毎日、往復の車中で聴いていれば、理解できるようになるだろう、とたかをくくっていました。

 

そうして、3ヶ月が過ぎました。
ところが、3ヶ月経っても、状況はほとんど変わりませんでした!
相変わらず英語の大波の速さに圧倒され続け、内容の把握には至りませんでした。
その後も、理解できないながら意地になってリスニングを続けました・・・

 

3年が経過したある朝、いつものように運転しながら CNN のニュースに耳を傾けていました。
特に、集中して聴いているわけでもなく、BGM のような聴き方でした。
その時、「英語のひとかたまり」が耳に入ってきました。
個々の単語を意識していないので、「英語のかたまり」が風のように耳を吹き抜けていったようでした。

 

突然、ある「イメージ」が浮かび上がるのを感じました!
それは、耳を通り抜けていった「英語のかたまり」の意味するものだったのでした。
「英語」でも「日本語」でもなく、言語の根源となる「イメージ」!
この「イメージ」の存在をはじめて身をもって知ることができた瞬間でした。
もちろん、これですべての英語が聴き取れるようになったわけではありませんが、それからは、「英語」は、超スピードで流れていく個々の単語にこだわらず「かたまり」としてとらえ、全体の「イメージ」を把握しようとすればよいのだと思えるようになりました!

 

わたしが経験した「イメージ」が、「スーパー通訳者」「イメージ」と相通じるのではないかと、おこがましくも思った、昨夜のひとときでした・・・

 

「英語」の上にも三年、「英語」は「かたまり」の「イメージ」だ!!