定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「完本 1976年のアントニオ猪木」と「リアルファイト」

完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)

 力道山の「空手チョップ」とザ・デストロイヤーの「4の字固め」の息詰まる攻防戦!

団塊の世代が小学生だった頃、みんな「プロレス少年」でした。
近所の仲間とよくプロレスごっこで「キーロック」や「4の字固め」の真似をして遊びました。

 

成人してからは、プロレスに注目することもなくなりましたが、それでも、評判になるような大きな試合はやはり血が騒ぎ、見続けました。

 

アントニオ猪木 vs. モハメド・アリ
アントニオ猪木 vs. ウイリー・ウイリアム
船木誠勝 vs. ヒクソン・グレイシー
桜庭和志 vs. ホイス・グレイシー
・・・・・

 

書店の店頭で「完本 1976年のアントニオ猪木」(柳澤健の文庫本を見た時、オヤッ?と思い手に取りました。
タイトルの「1976年」とは何なんだろう?と不思議に思ったのでした。
それは、今から41年前の1976年、アントニオ猪木が戦ったきわめて異常な4試合が、その後のプロレス界が進む方向を読み解く端緒となっていたのでした!
その時アントニオ猪木が戦った相手は、次の4人でした。

 

ミュンヘンオリンピック柔道無差別級・重量級優勝者、ウィリアム・ルスカ
②ボクシング世界ヘビー級チャンピオン、モハメッド・アリ
③米国で活躍中の韓国人プロレスラー、パク・ソンナン
パキスタンで最も有名なプロレスラー、アクラム・ペールワン

 

このうち、は「異種格闘技戦」。
この後、人気を博する「異種格闘技戦」は、このときから始まったのだそうです!
そして、②③④は、前もって勝敗や筋書きが決められていない「リアルファイト」だったそうです!

 

③④は、当時も評判にはならず、わたしもこの本を読んではじめて知ったくらいでしたが、のモハメッド・アリ戦は、当時のテレビ視聴率も38.8%と高い関心を呼び、わたしもテレビの前で息を呑んで試合開始を待っていたのを覚えています。

 

世紀の決戦が始まると、猪木・アリ戦の当時の視聴者のほとんどがそうだったように、わたしも、両者がガッチリぶつかり合い、互いの技を競い合う熱戦が繰り広げられるのが今か今かと苛立ちながら試合を見守っていました。
しかし、アリは仁王立ち、猪木はマットに寝た姿勢でキックはするものの、ついに、本格的な戦いに入ることなく、失望のため息とともに試合が終わってしまいました!

 

この本の作者によれば、それこそが「リアルファイト」なのだそうです!
「4の字固め」や「バックドロップ」などの華麗なプロレス技は、「リアルファイト」だとあざやかに決まるわけがなく、技をかけられる相手の協力がないとダメなのだそうです!
派手で華麗な技ばかりに目を奪われていては、「リアルファイト」の魅力が分からないのだそうです。

 

この試合が「リアルファイト」で行われるようになった経緯が、詳しく說明されています。
そして、1976年以後、アントニオ猪木は、「リアルファイト」を戦っていないのだそうです。
その後、プロレス界は、「異種格闘技」を経た後、「リアルファイト」そのものの「総合格闘技」へと進展していきます・・・

 

日本のプロレスを変えた「1976年のリアルファイト」!!