読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

ジャズピアノ と YOGA BOOK(最終)

f:id:OLD_FRIENDS:20170313151409j:plain 

50歳代に入ってジャズピアノの独習をはじめたものの、教則本の内容を消化しきれず、いや、消化する以前に飲み込むことすらできませんでした!
ジャズのスタンダードなど数曲の指の運びを苦労して丸暗記し、たどたどしいながら弾けるようにはなりましたが、しばらく弾かないでいると覚えた順に忘却の彼方に沈んでしまいました。
毎晩会社で残業し、帰宅後食事を終えてから、さっそくピアノに向かう姿を、家族は冷ややかな眼差しで眺めていました・・・

 

期待通りにピアノが上達しないこともあり、年が経つにつれ徐々にピアノへの熱が冷めていきました。
おまけに、60歳代に入った頃、一緒に住むようになった孫たちにピアノを占領されてしまい、ピアノに触れることもなくなりました。
そして、それまで苦労して覚えた曲もすべてきれいさっぱり忘れてしまったのです・・・

 

月日は経ち、60歳代も半ばを過ぎ、孫たちも小学校に上がり、孫たちに干渉(?)されることも少なくなりました。
そして、ふと、浮かんだのでした。
またジャズピアノに挑戦してみようか!
ピアノから離れていた間も、意識下では、何かやり残したという残尿感(?)のようなものを常に感じていたのでした・・・

 

ピアノを再開するにあたって、いくつかの項目を自分に課すことにしました。
●曲の丸暗記はしない!
 内容を理解せず丸暗記してもすぐに忘れてしまうから。
●あせらず、急がない!
 この歳で練習を再開しても、どっちみち上達の程度は知れているから。
●ハードルをう~んと低くする!

 自分で楽しめればいいのです。
 自分のできたことを評価し大事にするべき。
●「枯葉」に集中する!
 ジャズスタンダードの中で最も好きな曲のひとつのこの曲に絞り、いろんな曲を食い散らさない。
 何ヶ月、いや、何年かかっても充分と思うまでほかの曲に移らない。(充分と思うのが早いか、人生が終わるのが早いか、どっち?) 
●リスニングを重視する!
 音符を見るより音を聴くことを重視し、Wynton Kellyなどの「枯葉」をよく聴く。

 

こうして、長く遠ざかっていたジャズピアノを再開したのですが、まずは何回も「枯葉」の CD をかけ、右手のメロディーとともに、左手のバッキングの音やタイミングに耳を凝らしました。
以前に丸暗記し忘れかけていたコードも、こんどは、教則本を参考にしながらも、頭の中の鍵盤を探って、コード音の「距離(へだたり)」を確認するようにしました。
こうすると、闇雲に覚えるよりも頭に入りやすくなります。

 

たとえば、Cコードの場合。
(メジャー)(マイナー)
       ミ♭               
 [1.5音]    [2.0音]
  ソ     ソ
 [2.0音]    [1.5音]
       シ♭
 [1.5音]   [2.0音]  
       レ
※ベースと重なるので「ド」(ルート)は省く。
※「レ」はテンション(不協和音)でジャジーな響きを出すため。

 

Cコードの転回形を作る場合も、前半の「ミ」(又は「ミ♭」)・「ソ」と後半の「シ」(又は「シ♭」)・「レ」を入れ替えるだけで簡単にできます。
また、前はできなくて無視していたリズムカウントもできるところからはじめました。


以前、映画で見た「スイングガール」の一場面を思い出しました。
ジャズを習いはじめの女子高生たちが、ジャズで重要な「裏拍」のカウントの練習をするため、信号機や自販機から鳴るメロディーのリズムをカウントしていたのでした!

 

ひとまず、これで「ジャズピアノと YOGA BOOK」を終えたいと思います。
YOGA BOOK のリアルペンで「スイングガール」のつたないイラストを描いてみました。
これからは、ゆっくり、楽しみながら、ジャズピアノとたわむれていこう、と思っています・・・

 

ジャジーなサウンドを響かせよ、「スイング・ジジイ」!!