読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「罪の声」と YOGA BOOK

罪の声

 YOGA BOOK で電子書籍「罪の声」(塩田武士)を読みました。

 最初のプロローグを読んだとき、いきなり心臓をわしづかみにされたような感じを覚え、それからは、時間のある限りただひたすら文字を追い続けることになりました・・・

 

 この本を読み始める前の予備知識としては、30年余り前に起き、その後、迷宮入りし時効に至った衝撃的な「グリコ森永事件」を扱った物語というだけでした。

 「グリコ森永事件」は、当時、リアルタイムで新聞やテレビのニュースで事件の成り行きに注目していましたが、それらはすべて断片的なものばかりで全体像の把握にまでは至らず、また、今や長い年月を経て少なからずあちこち記憶も欠け落ちてしまっていました。

 

 そういう意味で、登場人物の新聞記者が過去の記事や本などを調べ、事件を時系列に再構築していく場面を読み進むとき、「グリコ森永事件」はこういう事件だったのか!と改めて再認識し、その事件のおぞましさに驚き、手に汗し興奮さめやらぬほどでした!

 

 この物語は「フィクション」ですが、作者が「あとがき」で書いているように、「グリコ森永事件」についてはすべて実在の事件を忠実に再現したのだそうです。

 「ノンフィクション」の土台の上に「フィクション」の建物を違和感なく築き上げた傑作と言えます。

 

 また、この「フィクション」に圧倒される思いを抱くのは、その奥深く、暗く得体の知れない「ノンフィクション=実在事件」が潜んでいるからにほかならないからです。

 物語を読みながら、小さな懐中電灯で小道を照らし、ひとり真っ暗な森の奥へ分け入って行くような恐怖感さえ覚えました。

 読み慣れない電子書籍の違和感もつい忘れるほどでした・・・

 

 深い謎に包まれた30年前の事件を解き明かせるか、YOGA BOOK!!