読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

50ccバイクと Chromebook

暮し

f:id:OLD_FRIENDS:20160828112646j:plain

 昨夜、Eテレで「SWITCHインタビュー達人達 佐々木蔵之介✕藤原かんいち」を偶然見ることになり、藤原かんいち氏のユニークな人生に興味を持ちました。

 藤原かんいち氏は「旅行家」という肩書ですが、当てはまる肩書がないので自分で名付けたのだそうです。

 要は、小さな50ccバイクで走るのが好きで、日本一周や世界一周を何度も行い、世界は今まで95カ国めぐっているのだそうです。

 

 世界を走るのに、どうしてもっと大きなバイクに乗らないのか?

 ●50ccバイクは低速なので、かえって周りの景色がよく見える。

 ●非力な50ccバイクでは、他のバイクと競争しようとは思わない、争い事は嫌いだ。

 ●50ccバイクは車社会の弱者、それは自分につながる。

 

 自称「旅行家」として、どうして生計を立てているのか?

 ●バイク雑誌にバイク旅行の記事を書く。

 ●バイク車体に広告を貼る。

 ●「日本の国道を50ccバイクで走破する!」「電動バイクで世界の巨木を訪ねる!」などのプロジェクトをインターネットやラジオで紹介し、スポンサーを募る。

 

 はじめて50ccバイクで、不安一杯のなか世界に乗り出したとき、ある夜、オーストラリアの砂漠に野営することになりました。

 ほとんど平原のない日本と異なり、自分のまわり360度のすべてに地平線が続いています!

 大きな真っ赤な夕陽が沈むと、黒い地平線が360度広がります。

 太陽の去った暗い空には、満天の星が輝き出します。

 圧倒的な星の数と黒い大地!

 そのとき、生まれてはじめて魂に強い衝撃を覚えました。

 空とは宇宙なのだ!

 地球は無数に輝く星の一つだ!

 自分はその星の一つの上にいる!

 

 そのとき「心の窓」が開けたのだそうです・・・

 

 似たものどうし、50ccバイクと Chromebook !!