読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

アンドロイド山田と Chromebook

暮し

f:id:OLD_FRIENDS:20160808161205j:plain

 連日、6日(日本時間)に開会されたリオ五輪の話題で、テレビ・新聞・ネットが盛り上がっています。

 今朝も、男子サッカーのコロンビアとの第2戦が実況中継されました。

 

 心優しきアンドロイド日本は、コロンビアに果敢に戦いを挑んだのでありました!

 (チャララ〜ン)

 そのとき運命のいたずらか、最初にコロンビアのシュートボールが日本のゴールネットを突き破ったのでありました!

 (チャララ〜ン)

 そのとき運命のいたずらか、アンドロイド日本は、みずからのゴールにボールをけりこんでしまったのでありました!

 (チャララ〜ン)

 そのとき運命のいたずらか、アンドロイド日本は、必殺技「へそビーム」を発射し、つぎつぎとコロンビアのゴールを打ち破り、ドローに持ち込んだのでありました!

 (チャララ〜ン)

 ★

 (注)「アンドロイド日本」は、「アンドロイド山田」のパロディです。

 

 孫の小学1年生の「ぼくちゃん」は、アニメに夢中です。

 なかでも、「妖怪ウォッチ」「ポケモン」は毎回欠かさずビデオを撮って、何度も繰り返し見ていて、わたしも、ついついいっしょに見てしまうことになります。

 そのなかで、わたしが思わず食いついてしまった(?!)のは、最近、「妖怪ウォッチ」に登場した「アンドロイド山田」の物語でした!

 ★

 アンドロイドを研究している山田博士は、実験中に事故に会い、みずからが心優しきアンドロイドになってしまいます。

 アンドロイド山田は、「へそビーム」を必殺技としていて、へそから出たビーム(光線)に当たった人間はアンドロイドになってしまいます。

 そして、さまざまなエピソードを経た後、アンドロイド山田は、宇宙人とともに宇宙船に乗り、宇宙人の住む星に行ってしまいます・・・

 ★

 物語のなかで、つい笑ってしまうひんぱんに繰り返される「BGM」と「ナレーション」が耳に残って離れません!

 アンドロイド山田が現れると、「チャララ〜ン・・・」と哀愁を帯びたせつないギターメロディーが流れ、「そのとき運命のいたずらか・・・・」というナレーションが入ります。

 これが、これでもかこれでもかというくらい繰り返され、知らない間に笑ってしまっているのです・・・

 

 (チャララ〜ン)

 そのとき運命のいたずらか、アンドロイド Chromebook は、世界の平和を願って、地球にもたらされたのでありました!!