定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

タイム・トラベラーと Chromebook

f:id:OLD_FRIENDS:20160729132048j:plain

 本棚を眺めていると、十数年前にわざわざ米国 Amazon から取り寄せたペーパーバックが目につきました。

 手に取りパラパラページをめくり、ところどころ拾い読みをしていると、あらためて「不思議な本だ」という感じがよみがえってきました・・・ 

 

 ペーパーバックのタイトルは「John Titor A Time Traveler's Tale(ジョン・タイター タイム・トラベラーの話し)」。

 この本は、ジョン・タイターがインターネットでやり取りした質疑応答をまとめたものです。

 質疑応答の前の導入部の記述に、まず驚かされます。

 ★★★

 2003年1月、5歳の息子を連れた若いカップルが、ネブラスカの弁護士事務所を訪ねてきます。

 そのカップルは、弁護士に、自分たちは2036年の未来からタイム・マシンでやって来たジョン・タイターの両親であることを告げます。

 また、いっしょに連れていた5歳の息子は、子供時代のジョン・タイターであることも言います。

 弁護士は、うさん臭く思いながらも、彼らの話しを聞きました。

 ジョン・タイターは、1998年に過去の両親の前に現われ、2001年までの3年間いっしょに暮らした、と言うのです。

 いっしょに暮らしたのは、ジョン・タイターがまだ乳幼児だったころの若い両親と、そして、なんと、乳幼児の自分自身とだったのです!!(アンビリバボー!)

 ジョン・タイターは、父親のコンピューターを借りて、ネット上でタイム・トラベルについて種々の質問に答えていきます。

 そして、2001年、元いた2036年にタイム・マシンで帰っていったのだそうです。

 ★★★

 両親から話しを聞き、また、タイム・マシンの写真や文書などを見せられた弁護士は、最初、うさん臭く思いましたが、話しを聞くうち、なかなか説得力のある内容だと思い、ジョン・タイターのネットでの質疑応答を本にまとめました。

 

 ジョン・タイターによると、宇宙は一つではなく、無数に存在する「パラレル・ワールド(平行宇宙)」になっているのだそうです。

 タイム・マシンで過去のある時点に移動するということは、自分がいる宇宙の過去へ戻るのではなく、過去のある時点と限りなくよく似た別の宇宙へ移動する、ということなのだそうです!

 だから、過去の自分に会っても何も不具合は起こらないのです!

 別の宇宙への移動は、小さなブラック・ホールを作ることができるタイム・マシンを使用します。

 

 この手の話しは、ネットやテレビでよく見たり聞いたりしますが、実際に両親が弁護士を訪ねて行った、というのが気になります。

  弁護士を訪ねたとき5歳だったジョン・タイターは、今では18歳の青年になっているはずです・・・

 

 ChromeAndroid のパラレル・ワールド、New Chromebook !!