読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

稲垣えみ子さん(情熱大陸)と Chromebook

暮し

f:id:OLD_FRIENDS:20160408002334p:plain

 この前の日曜日の夜、 Chromebook に向かいながら「情熱大陸」を横目で見始め、オヤッと思わず画面に見入ってしまいました。

 最近、料理人や医師がよく取り上げられ、わたしとしてはあまり興味を持てる内容が続いていたので、今回も期待していなかったところ、良い意味で裏切られたのでした。

 

 今回取り上げられたのは、「稲垣えみ子さん」51歳、アフロヘアーの元朝日新聞論説委員(今年のはじめ退社)。

 3.11震災後、江戸時代の省エネ生活を理想とし、3月電気代189円、ガス契約なし、水道代もわずか、掃除機なし、洗濯機なし、冷蔵庫なし、エアコンなし、車なし・・・

 「はたき」と「ほうき」で掃除し、自転車で移動し、マンション5階の部屋へはエレベーターを使わず階段で上がり下りし、冬も暖房機器を用いず、カイロ、湯たんぽ、厚着で乗り切るそうです!

 時折依頼される本や雑誌の原稿は、喫茶店や公園で書くという自由な生活を満喫しています。

 

 原稿書きもてっきり「原稿用紙とペンの手書き」だと思って見ていますと、予想に反してノートパソコンで入力していました。

 朝日新聞で長年、記事をパソコンで入力していたのですから、それが自然なのでしょう。

 稲垣さんのシンプルライフは徹底していて、なかなかみんなが簡単に真似できるものではありません。

 しかし、こういう人もいるのです!

 世の中は広い、とつくづく思います。

 混沌として先の見えない一面の霧のなかで、希望を与える一筋の光を見出したようでした。

 

 希望の光となるか、シンプル・省エネコンセプトの Chromebook !!