定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

EPWING辞書と Chromebook

f:id:OLD_FRIENDS:20160318235133p:plain

 EPWING辞書が便利で、普段からよく使っています。

 電子辞書を利用する場合、普通は、英語なら英和辞典、仏語なら仏和辞典と言語により別々の辞書を使います。

 EPWING辞書なら、複数の辞書データを自分の好みに応じて入れておけば、一つの辞書で複数の辞書を引くことができます。

 また、一つの言葉を複数の辞書で「串刺し検索」もできて便利です。

 わたしは、EPWING辞書「EBPocket Professional」を iPad、iPhone6 Plus、Nexus7 に入れています。

 入れている辞書データは、「ランダムハウス英和大辞典」と「ロワイヤル仏和中辞典」です。

 それぞれのデータが入ったCD-ROMを購入し、ネットをググッてEPWING形式に変換したのでした。

 

 最近、ネットをググっていますと、Chrome拡張機能「ARC Welder」を使えば、Android アプリを Chromebook で使うことができるという情報を知り、これを使えば Android の「EBPocket Professional」を Chromebook でも走らせることができるのでは!と、久しぶりで頭の真空管がカッと熱くなるのを覚えました!

 また同時に、年齢を重ねてきた今までの経験から、こういうことは苦労する割にはなかなかうまく成功することが少ない、という不安も感じました。

 しかし、試してみたいという熱は抑えられず、とにかくやってみることにしました。

 

 まず、「ARC Welder」を Chromebook にインストールし、Nexus7 (Android) を使って「EBPocket Professional」の APKファイルをダウンロードし、Google Drive に移します。

 Chromebook で「ARC Welder」を起動し、Google Driveの「EBPocket Professional」の APKファイルを選択しクリックすると、「EBPocket Professional」のアプリがインストールされました。

 思ったよりも簡単でした。

 はやる心を抑えて、そのアプリをクリックすると、「EBPocket Professional」が無事、起動したのです!

 「やった!」と心のなかでガッツポーズをしました。

 あとは辞書データをコピーすればよいだけです。

 Chromebook は、ローカルメモリーにファイルをコピーすることができないので、ダウンロードフォルダか Google Drive にファイルをコピーすればよいのです。

 念のため、両方に辞書データをコピーし、さっそく辞書を引いてみました。

 「dog」と入力しリターンキーを押しました。

 すぐに「ランダムハウス英和大辞典」の犬のイラストと説明文が表示されました!

 エベレスト登頂成功!・・・

 

 しかし、現実は厳しく、実際は、辞書データは表示されなかったのです・・・

 その後、何時間にも渡り「設定」の変更など、できることはすべてしましたが、とうとう辞書データは認識されず、「EBPocket Professional」をあきらめざるを得ませんでした!

 Google Drive が便利なので、Chromebook は、本来、ファイルを任意に保存できない、ということをウッカリしていたのでした。

 

 Chromebook は SIMPLE 第一に使うべし!!

 

 

 

広告を非表示にする