読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

パリのホテルの一室と Chromebook

IT 語学

f:id:OLD_FRIENDS:20151231015044j:plain

 フランスの首都パリ。
 あるホテルの一室。
 午後8時。
 フランスで視聴率一番のニュース番組 "Le Journal TF1 20h" のオープニング画面がテレビに映し出され、フランス女性キャスターがその日のニュース概要を流暢に話しはじめます・・・

 ソファーの上には、フランスの日刊紙 "Le Monde" が開いて置かれています・・・

 ここ数年、フランスやEU全体を巻き込み、世界を震撼させる問題・事件が次々と起こっています・・・

 シリア内乱、ギリシャ債務危機ウクライナ問題、シリア難民問題、IS問題、パリテロ襲撃事件・・・

 パリのホテルの一室で、それらの事件が毎日テレビ画面を流れ、新聞紙面を埋めるのを追います・・・

 ホテルの一室で、テレビや新聞を「眼や耳」として、フランスやEU、さらに世界の行く先を見守ります・・・

 

 「じいちゃ〜ん! はよ風呂はいりって、バアチャン怒ってるで〜!」

 パリのホテルの一室は一瞬にして消え去り、そこはいつもの二階の部屋!?

 孫が下からバアチャンのこごとを伝えたのです!

 眼をしばたいてよく見ると、眼の前には今まで没頭して見入っていた Chromebook の画面が開かれていて、ニュース番組 "Le Journal TF1 20h"が進行しています。

 Chromeブラウザの別のフォルダには、"Le Monde"も開かれています。

 

 今までパリのホテルの一室で、我を忘れてテレビのニュース番組を見て、新聞を読んでいると錯覚していたのは、実は Chromebook でフランスのニュース番組のビデオを見て、フランスの新聞の電子版を読んでいたのでした!!

 

 コストパフォーマンス抜群の Chromebook をうまく使えば、

パリのホテルの一室で、フランス・EUの現地なま情報を通じ、EU・世界の動きを見渡している

という高揚感が得られるのです!!