読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

草原のチータと Chromebook

 正月が近くなり、学校も保育園も冬休みに入ったので、孫たちは毎日家で元気に過ごして、いや、あばれまくっています!

 おかげで、なかなか一人静かにブログを書く時間がありません。

 

 先日、音声入力でブログを作りましたが、音声入力をするには限られた条件でしかできないことがわかりました。

 音声入力はキーを打つ必要がなく便利ですが、まず、外ではできません。

 コーヒーショップでノートパソコンに向かって一人ブツブツつぶやいていると、「あぶない人」と警戒されるのは間違いありません。

 家の中でも、みんな留守で一人っきりの時以外は、いつ何時ブツブツつぶやいている現場を見られるかわからないので、なかなか落ち着いて入力文章を考えられません。

 孫たちに音声入力している声を聞きつけられて見つかれば、 Chromebook をおもちゃ代わりに触りまくるのは目に見えています。

 家の外でも内でも、誰にもその気配をさとられずに静かに作業することが肝要なのです!?

 

 その点、この Chromebook Flip のキーボードは、強くキーを押しても音をたてずに入力できます。

 Chromebook Flip を手に入れる前は、外では Bluetooth の折りたたみ式キーボードを使っていましたが、静かな図書館で入力すると、どんなに弱くキーを押しても「カシャ、カシャ」という音が出てしまい周りに気をつかいました。

 Chromebook Flip を持っていけばもう大丈夫です!!

f:id:OLD_FRIENDS:20151228230311j:plain

 まるで草原の中を音もなく獲物に近づくチータの足取りのように、誰にも気付かれずキーの上に指を走らすことができます!!

 チータは走る速度は一番ですが持久力がなくて、最初のトップスピードで獲物を捕まえないともう追いつけないのだそうです。

 Chromebook Flip は、チータのように静かで、また、チータのようにキビキビ軽快で、そのうえ、ガゼルのように持久力が抜群なのです!!

 バッテリーは9時間持つので、数日に1回の充電で済み、外へ持ち出す時も電源コードは要りません。

 

 前にも言いましたGoogle日本語変換の的確さと合わせ、 Chromebook Flip は、まさに

 ガゼルのスタミナを備えた草原のチータ!!