定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

夕陽のガンマン

 

 今、図書館でこれを書いていますが、どういうふうにこの文章を書いているのか紹介します。

 まず、紙にペンの手書きはしません。学校時代、会社時代を通じて、自他ともに認める悪筆の達人(?)でした。書いたあとの自分の文字を見るだけで、作文意欲が急激に衰えるほど下手なのです。

 私がパソコンを好きなのも、どんなに乱暴に文字を入力しても画面の文字もプリンターで印刷した文字も、ほんとうにきれいな文字に仕上がるのが理由の一つです。

 それでは、外でパソコンを使うにはどうしたらいいでしょう?

 最近は、軽くて薄いノートパソコンが出回っていて、スターバックスなどではリンゴマークの付いたノートパソコンの画面に見入っている「これ見よがしのスタイル」をよく見かけます。

 ですが、この携帯用のノートパソコンにしても、持ち歩くにはショルダーバッグが必要です。それに、図書館やコーヒーショップのテーブルの上に、「どんなもんじゃい! わしゃあ、こんなもんでも使えるんやで〜!」と得意げに取り出して置くのも気恥ずかしいかぎりです。

 さりげなく自然に使えばいいのですが、どうしても回りを意識してしまいます。タブレットでもまだ大きいと感じます。

 そうすると残るのはスマホだけになります。

 そこで、昨年購入した「iPhone6 Plus」の登場となります。ただ、これにも難があります。入力が大変です。太い指で画面上のキーを素早く正確に打つのは至難の業!

 この難点をカバーするのが、「折りたたみキーボード」(リュウド製)!!

 折りたたんでしまうとジーンズのポケットにも入ります。左のポケットに「iPhone6 Plus」、右のポケットに「折りたたみキーボード」を入れるとバッグを持たずに手ぶらで移動できます。

 さながら、左右のガンホルダーに2丁拳銃を納めた「夕陽のガンマン」のようです。

 若き日のクリント・イーストウッド主演のイタリア製ウェスタン映画:マカロニウエスタンがなつかしい〜〜!

 

 

広告を非表示にする