読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

「のび太」、「ちびまる子」そして「ともぞう」

暮し

 うちには、6才の男の子と4才の女の子の孫2人がいます。

 性格はちょうど、アニメの「のび太」と「ちびまる子」のような感じです。

 そうすると、私はさしずめ「ともぞう」か?(ハゲてはいない)  

 気弱で運動よりもゲームが得意な男の子と、特に教えたわけでもないのに2才くらいのとき、ゴミの日に「ゴミしゅうしゅうしゃ(収集車)がきたで〜」と滑舌よく言っておどろかせたおしゃまな女の子。

 

  孫は二人ともとても食欲旺盛で、ウインナ・鳥の唐揚げ・回転寿司などが大好物です。

 また、マグロにも目がなく、食卓にマグロの刺身を盛った皿がのった瞬間、あちこちから箸が突き出て、アッと言う間に真っ白の皿だけになってしまいます。

 まるでピラニアのいる川に肉をほうり込んだようなものです。

 

 のび太「ぼく、まだマグロ三つしか食べてへん。」

 ちびまる子「じいちゃん、そのマグロあたしのやで。食べんといてや〜。」

 ともぞう「これは、じいちゃんのんや!!!」

 

 マグロをめぐっての箸戦争は、これからも延々と続くのであります。