定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

音楽

「英語」と「ジャズ語」

あいかわらずコリもせず、ジャズピアノをほそぼそと練習しています。「ツー・ファイブ」のフレーズを何度も何度も弾いて、指で覚えるとともに、ジャズ独特の音の流れを、古くてカチンカチンに固くなった頭に叩き込んでいます! 団塊の世代の音感と言えば、中…

将棋 と ジャズピアノ

昨夜、将棋の藤井四段が、棋士になってから公式戦負けなしの26連勝を記録しました!まだ中学3年生だというのにすごいものです!今は単独2位の記録ですが、あと3勝すれば単独1位になれます!サイン入り扇子や写真入りクリアブック、いわゆる「藤井グッ…

「世界卓球」と ジャズピアノ

今「世界卓球」が面白い!男子も女子も若手が大活躍で連日話題をにぎわしています!特に普段から卓球に注目していたわけではないからなのか、いつの間にこんなすごい若手が育っていたのか、と驚くばかりです! 男子は、なんと13歳中学生の張本選手!あのオ…

運動会 と ジャズピアノ

www.youtube.com 一昨日の日曜日は、孫たちの小学校の運動会でした。 わたしたちが小学生の頃、運動会はさわやかな秋空の下で開くものと決まっていましたが、時代が変わり今は5月に開催されます。(地域によって異なるのかは知りませんが)これは、秋だと運…

「ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則」と ジャズピアノ

この本は、ジャズの初心者用教則本です。アマゾンをあちこち見ているうちにたまたまぶつかり、説明文やレビューを読むと、ピンとくるものがあり購入しました。 前々回のブログ「Ways of the Hand(鍵盤を駆ける手)と ジャズアドリブ」の中で、ジャズピアノ…

「Ways of the Hand(鍵盤を駆ける手)」と ジャズアドリブ

十年ほど前、ジャズアドリブに魅せられて恐る恐るピアノを触り始めた頃、「Ways of the Hand(鍵盤を駆ける手)」(David Sudnow) という本をネットで知りました。 著者は、米国の社会学者で、自らジャズピアノを習い、習得していく過程を考察し、その分析結…

ジャズピアノ と iPhone 神アプリ

「鬼の居ぬ間に洗濯」でなく「孫の居ぬ間にジャズピアノ」です!ゴールデンウィークで孫たちが出かけて行った後の静かな家の中、ジャズピアノの練習にもってこいです! 練習途中に孫たちにじゃまされることなく、リラックスしてピアノに集中できます。 楽器…

ジャズピアノ と「深い谷間」

相変わらず、ぼちぼちと急がずジャズピアノと戯れています。練習曲は、これも相変わらず「枯葉」です。まだまだ、当分変わりません! 右手担当のテーマ(「枯葉」メロディー)は、一応弾けるようになりました。左手担当の「枯葉」に出てくるコード(和音)は…

"boys mature slow" と ジャズ・アドリブ

47歳からのニューヨークジャズ留学記「9番目の音を探して」(大江千里)を読んだ後、さっそく著者のジャズ第1作目のCD "boys mature slow" (Senri Oe) を聴きました。 直訳すると「少年はゆっくりと成熟する」というタイトルは、自身の遅くしてジャズの…

「9番目の音を探して」と ジャズコード F7

今日は月曜日、孫娘の初登校日です。金曜日に入学式を終えたばかりの「ピカピカの一年生」です!眠い目をこすりながらも、おニューのランドセルを背負って出かけていきました。(ガンバレ!ちびまる子!じゃりン子チエ!) さて、前回触れた「9番目の音を探…

「9番目の音を探して」と YOGA BOOK

今日は、図書館に来ています。これから、一昨日契約したばかりの UQ mobile の格安シムを入れた iPhone6 Plus の Bluetooh テザリングを利用して、YOGA BOOK でブログを書こうと思います。そして、1時間経過した時点で、どれだけのデータ通信量を消費したの…

「音の記憶」とジャズピアノ

書店に入ったとき、店頭に平積みされている本の表紙に目が行きました。端正な女性がピアノの前に座り、微笑みを浮かべてこちらを眺めています。けばけばしい本の装丁が多い中、モノクロを基調にしたシックなデザイン。手前のグランドピアノの黒と女性の白い…

ジャズピアノ と「起立!礼!着席!」(その2)

♫ ミソド~ 起立!♫ レソシ~ 礼!♫ ミソド~ 着席! ギリシャ時代、ピタゴラスが探求した音階は、その後改良され、バッハの時代には「十二音平均律」となり、現在、ピアノの鍵盤などで見られる一般的な音階となっています。 ある音ともうひとつ他の音を同時…

ジャズピアノ と「起立!礼!着席!」

♫ ジャ~ン(ミソド)♫ ジャ~ン(レソシ)♫ ジャ~ン(ミソド) 小学校でおなじみの「起立!礼!着席!」の伴奏です。コード(和音)で表すと「CーGーC」となります。これは、「安定した状態からいったん不安定状態になった後、再び安定状態に戻る」という…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(最終)

50歳代に入ってジャズピアノの独習をはじめたものの、教則本の内容を消化しきれず、いや、消化する以前に飲み込むことすらできませんでした!ジャズのスタンダードなど数曲の指の運びを苦労して丸暗記し、たどたどしいながら弾けるようにはなりましたが、…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その5)

楽器を習い始めた人の常として、教則本と格闘し、途中で刀折れ矢尽きてしまうことがよくあります。わたしも、いろいろと教則本を読み始めてはついていけなくなり、今度こそはとまた別の教則本に手をのばしてはまた放り出す、という繰り返しでした。 ある時、…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その4)

とにかく、無謀にも、物覚えが悪くなり体の動きが鈍くなる歳になってはじめて、ジャズピアノの大海の荒波に船出したのでした。ピアノに向かい、手足をそれぞれ別々の作業をさせるのが大変でした。左手でコード、右手でメロディー、左足でリズムカウント、眼…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その3) 

50歳を過ぎて始めたピアノの独習で、やっと丸暗記でどうにか弾けるようになった曲も、しばらく弾かないうちにすぐ忘れてしまい、また覚え直すという「イタチごっこ」の連続でした。それでも、膨大な時間をかけた「SUMMER」だけは、忘れないように毎回練習…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その2)

前回、十数年前、50歳を過ぎて初めてピアノを独習しようと思った経緯を書きましたが、もう一つキッカケがありました。あるテレビの番組で芸人の今田耕司が自宅をビデオで紹介していました。きれいに整頓された部屋の真ん中に、大きなグランドピアノが据え…

ジャズピアノ と YOGA BOOK

今日から3月が始まります。もうすぐ春本番、花見や行楽などウキウキする季節になります。会社に勤めていた頃、春は新年度の始まりで、毎日忙しく花見の余裕もありませんでした。今は晴れて自由の身(?)となり、先日は梅の花見にも行ってきました。 ところ…

Apple AirPods と Android Chromebook

昨年末に Chromebook Flip を「ダメ元」で購入したのですが、これが思わぬ「拾い物」となり、ずっと1年間毎日使い続けることになりました。 機能はシンプルで限られていますが、サブマシンとしてはわたしには十分なものでした。 おまけに、年の中頃からは、…

"Kind of Blue"(カインド・オブ・ブルー)と Chromebook

"Kind of Blue"(カインド・オブ・ブルー)は、ジャズ史上有名なマイルス・デイヴィスのアルバムです。 それまでのコード(和音)中心の「ビ・バップ」から、スケール(音階)を重視したメローディアスな「モード」へと、ジャズの歴史の流れを変えた画期的な…

「あー夏休み」と Chromebook

「あー夏休み」は、二十数年前にヒットした TUBE の曲です。 この曲を聴くと、いまでも思い浮かぶイメージがあります。 ・・・ 真っ青な空に白い入道雲 焼けた砂に打ち寄せる波 これからはじまる自由な長い長い夏休み 喜びと期待にワクワクする胸の高まり ・…

LPレコードと Chromebook

昨今、LPアナログ・レコードが静かなブームのようです。 LPレコードは、言うまでもないのですが、CDが出る(約30年前)までの一般的な音楽再生ツールでした。 CDやDVDではレーザーを使って盤面に接触せず音楽を読み取りますが、LPレコードでは、レコード針が…

Jazz Piano と Chromebook (その2)

"Jazz" の醍醐味と言われる「アドリブ」(即興演奏)は、よく「英会話」に例えられます。 即興でメロディーを作って演奏することが、即興で英文を作って話すことと似ているからです。 "Piano" と "Chromebook" に共通する「キーボード」に注目しますと、両方…

Jazz Piano と Chromebook

コーヒーショップ、ファミレス、居酒屋、ラーメン店など、どこでもいつもBGMに "Jazz" が流れています。 ズン・ズン・ズンと時を刻むベース、絞りだすようなテナーサックス、軽快なメロディーを奏(かな)でるピアノ、突然打ち響くドラム・・・ "Jazz" のLP…

サイモン&ガーファンクル「オールド・フレンズ(旧友)」

サイモン&ガーファンクルのすべて アーティスト: サイモン&ガーファンクル,ポール・サイモン 出版社/メーカー: Sony Music Direct 発売日: 2003/12/17 メディア: CD 購入: 7人 クリック: 50回 この商品を含むブログ (35件) を見る ステレオのターンテーブル…