読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

ジャズピアノ と「起立!礼!着席!」(その2)

♫ ミソド~ 起立!♫ レソシ~ 礼!♫ ミソド~ 着席! ギリシャ時代、ピタゴラスが探求した音階は、その後改良され、バッハの時代には「十二音平均律」となり、現在、ピアノの鍵盤などで見られる一般的な音階となっています。 ある音ともうひとつ他の音を同時…

ジャズピアノ と「起立!礼!着席!」

♫ ジャ~ン(ミソド)♫ ジャ~ン(レソシ)♫ ジャ~ン(ミソド) 小学校でおなじみの「起立!礼!着席!」の伴奏です。コード(和音)で表すと「CーGーC」となります。これは、「安定した状態からいったん不安定状態になった後、再び安定状態に戻る」という…

WBC(ワールドベースボールクラシック)と 草野球

今、野球が面白い!そうです、WBC(ワールドベースボールクラシック)です!始まるまでは、大谷の出場辞退もあり、そう大して期待していませんでした。初戦から強豪キューバと当たるので一敗は免れず、早いうちに敗退してしまうのだろう、と覚めた眼で画面を…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(最終)

50歳代に入ってジャズピアノの独習をはじめたものの、教則本の内容を消化しきれず、いや、消化する以前に飲み込むことすらできませんでした!ジャズのスタンダードなど数曲の指の運びを苦労して丸暗記し、たどたどしいながら弾けるようにはなりましたが、…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その5)

楽器を習い始めた人の常として、教則本と格闘し、途中で刀折れ矢尽きてしまうことがよくあります。わたしも、いろいろと教則本を読み始めてはついていけなくなり、今度こそはとまた別の教則本に手をのばしてはまた放り出す、という繰り返しでした。 ある時、…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その4)

とにかく、無謀にも、物覚えが悪くなり体の動きが鈍くなる歳になってはじめて、ジャズピアノの大海の荒波に船出したのでした。ピアノに向かい、手足をそれぞれ別々の作業をさせるのが大変でした。左手でコード、右手でメロディー、左足でリズムカウント、眼…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その3) 

50歳を過ぎて始めたピアノの独習で、やっと丸暗記でどうにか弾けるようになった曲も、しばらく弾かないうちにすぐ忘れてしまい、また覚え直すという「イタチごっこ」の連続でした。それでも、膨大な時間をかけた「SUMMER」だけは、忘れないように毎回練習…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その2)

前回、十数年前、50歳を過ぎて初めてピアノを独習しようと思った経緯を書きましたが、もう一つキッカケがありました。あるテレビの番組で芸人の今田耕司が自宅をビデオで紹介していました。きれいに整頓された部屋の真ん中に、大きなグランドピアノが据え…

ジャズピアノ と YOGA BOOK

今日から3月が始まります。もうすぐ春本番、花見や行楽などウキウキする季節になります。会社に勤めていた頃、春は新年度の始まりで、毎日忙しく花見の余裕もありませんでした。今は晴れて自由の身(?)となり、先日は梅の花見にも行ってきました。 ところ…

"A Clean Well-Lighted Place"(清潔で明るい場所)と YOGA BOOK

とあるマクドナルド店に来ています。 最近はどこの店舗もリニューアルして明るくきれいになっています。なにより、スタッフの応対がリニューアル(?)され、シニアにも笑顔を向けてくれます。マニュアルどおりの表面的なものかもしれませんが、それで充分で…

カラス撃退てんまつ記

おもてで騒がしい音が聞こえます。クァ~ッ!クァ~ッ!クァ~ッ! あッ、ヤバイッ!とあわてて玄関前へと走り出ました。門の前のビニール袋の下部に小さな穴が開いていて、周りに野菜のクズが散乱しています。 やられた~!あたりを見回しましたが、黒い影…

「盤上に散る」と 将棋の思い出

「盤上に散る」(塩田武士)は、前々回に紹介しました「盤上のアルファ」の続編とも言える物語です。 同じ人物が登場しますし、また、新たな人物が主人公となって、関西を舞台に熱い物語が繰り広げられます。もちろん、将棋にまつわる物語です。それも、今で…

手慣れの道具と YOGA BOOK

やっと冬休みが終わったぞ~! 小学1年生の孫も、今日から三学期の授業が始まり、妹のほうも保育園へ行きました。 冬休みの間、なかなかひとりの自由時間がありませんでした。 やっと静かなひと時が戻ってきた~! さて、前回リアルペンの収納方法で、マグ…

ドラマチック「日本シリーズ」と Chromebook

連日「日本シリーズ」で熱い試合が繰り広げられています。 普段は野球観戦しないのですが、「日本シリーズ」は日本一を決める特別な試合なので毎年この時期だけは見ています。 選手たちは、晴れの舞台で奮起し活躍するときもあれば、また、緊張のあまり持て…

「ガラケー」と Chromebook

独自の進化を遂げたガラパゴス諸島の生物のように、世界の標準仕様とかけ離れて日本国内で独自に発展した携帯電話を「ガラパゴス・ケータイ」、略して「ガラケー」と呼びます。 グローバリゼーションの波に飲み込まれ、今や「ガラケー」が大いに繁栄した時代…

インフルエンザと Chromebook

あと10日余りで11月になろうとしているのに、まだまだ夏の蒸し暑さが残っています。 それでも、来週あたりから気温が急激に下り、秋の気配が一気に深まるのかもしれません。 そろそろインフルエンザの予防接種の時期がはじまります。 わたしは、ずっとイ…

「坂本龍馬 遭難之地」と Chromebook

数日前、久しぶりに京都へ行き、東山の高台寺を訪れました。 高台寺は、豊臣秀吉の正室である北政所が秀吉の冥福を祈るために建立した寺院です。 小高い山を登り降りする見学通路を歩き、京都の秋の風情を楽しむためでした。 阪急電車河原町駅で降りた後、高…

秋と Chromebook!!

もう10月になったというのに、あいかわらず蒸し暑い日が続いています。 南方海上に発生している台風の影響なのでしょう。 それでも、季節は刻々と進み、ああ!もう秋だ!と思うときもあります。 日中は暑くても、朝晩は大分涼しく感じるようになりました。…

「空飛ぶタイヤ」と Chromebook

「倍返しだ!」で一世を風靡したテレビドラマ「半沢直樹」の原作者の本というので、「空飛ぶタイヤ」(池井戸潤)を読みました。 文庫本で800ページを超え、背の厚さが3cmにもなる大作! はたして最後まで読みきれるのかなと危惧しましたが、読み始めるとど…

「シン・ゴジラ」と Chromebook

(ネタバレ注意) 昨日の日曜日、孫たちが行くのに便乗して「シン・ゴジラ」を見に行きました。 「ゴジラ」と言えば、1954年、わたしが4歳の頃、親に連れられて白黒映画を見たのを覚えています。 「ゴジラ」が小さい家やビルを次々と踏み潰すシーンが、鮮明…

50ccバイクと Chromebook

昨夜、Eテレで「SWITCHインタビュー達人達 佐々木蔵之介✕藤原かんいち」を偶然見ることになり、藤原かんいち氏のユニークな人生に興味を持ちました。 藤原かんいち氏は「旅行家」という肩書ですが、当てはまる肩書がないので自分で名付けたのだそうです。 要…

「あー夏休み」と Chromebook

「あー夏休み」は、二十数年前にヒットした TUBE の曲です。 この曲を聴くと、いまでも思い浮かぶイメージがあります。 ・・・ 真っ青な空に白い入道雲 焼けた砂に打ち寄せる波 これからはじまる自由な長い長い夏休み 喜びと期待にワクワクする胸の高まり ・…

「ドラマチック・ピンポン」と Chromebook

「ドラマチック・ピンポン」と勝手に名付けましたが、これはもちろん、日本国民に深い感動を与えた、リオ五輪での男女卓球の快挙のことです! 特に、女子のドイツとの準決勝戦での惜敗、その後のシンガポールとの3位決定戦での圧勝による銅メダル確定、これ…

アンドロイド山田と Chromebook

連日、6日(日本時間)に開会されたリオ五輪の話題で、テレビ・新聞・ネットが盛り上がっています。 今朝も、男子サッカーのコロンビアとの第2戦が実況中継されました。 ★ 心優しきアンドロイド日本は、コロンビアに果敢に戦いを挑んだのでありました! (…

将棋と Chromebook

夏休みに入って、小学校で「将棋・オセロ教室」が開かれるというので、小1の「ぼくちゃん」を連れて行ってきました。 参加するのは将棋の方ですが、家には将棋盤がなく「ぼくちゃん」はルールも知らないので、Amazon で初心者用将棋盤を買って準備しました…

夏休みと Chromebook

長い長い夏休みが始まりました! 今年の4月から小学1年生の「ぼくちゃん」もはじめての夏休みです。 「じいちゃん」は、毎日が夏休みのようなもので変わりないですが、「ぼくちゃん」「じょうちゃん」の孫たちを「水泳教室」に車で送り迎える重要な運転手…

デトロイト美術館展と Chromebook

昼前、曇り空に時折小雨がぱらつく中、大阪市立美術館で催されている「デトロイト美術館展」を見に出かけました。 天王寺公園内にある大阪市立美術館に行く前に、すぐ近くの「あべのハルカスダイニング」で腹ごしらえをしました。 「あべのハルカス」13階…

真夏のオアシスと Chromebook

まだ梅雨も明けていないのに連日の猛暑で、蒸し暑い昼間の過ごし方に四苦八苦しています! 会社に勤めている頃は内勤だったので、窓の外は真夏の太陽がギラギラ照りつけていても、事務所内は常に快適な温度に調節され、よくぞ会社の内勤務めをしていたものだ…

交通事故と Chromebook

「アッ!! あぶない!!」 ガチャーン!! 停止していた車の後ろを通り抜けようとしたとたん、その車が急にバックで発進し、衝突! 幸い双方にケガはなく、物損事故で済みました。(こちらの過失割合ゼロ) それから2週間余りを経た今日、やっと修理を終え…

古(いにしえ)の城下町と Chromebook

久しぶりに、高校の友人に会いに和歌山へ行きました。 南海本線終点の和歌山市駅で降り、天気が良く待ち合わせまでまだ時間があるので、徒歩で和歌山の城下町を散策しました。 最初に、幕末の紀州藩下級武士の生活を伝える「小梅日記」(東洋文庫)の作者、川…

「女ひとり70歳の茶事行脚」と Chromebook

月曜日の朝、人々はそれぞれの住まいから会社や学校へと移動し、新しい週の業務や授業が始まります。 孫たちも小学校・保育園へと出かけ、家の中は土日の喧騒がうそのように、静かな時間がゆっくり流れます。 テレビをつけると、いきなり国会中継の質疑応答…

定年後のビジーな生活と Chromebook

今年のゴールデンウィークも昨日で終わりました。 休日の谷間の今日金曜日が休暇の人は、もう少し続きます。 会社勤めをしていた頃は、ゴールデンウィーク、盆休み、正月休みが楽しみで、旅行や行楽の日をまだかまだかと指折り数えていました。 ところが、定…

「サモトラケのニケ」と Chromebook

古いものが詰まっている戸棚を整理していると古いVHSビデオデッキが見つかりました。 久しぶりに見るデッキを電源やテレビに接続し、あるVHSテープを挿入しました。 テープはデッキに吸い込まれるとテレビの黒い画面が白く反転し、粗い画質でなつかしい画面…

人形浄瑠璃と Chromebook

数日前、大阪日本橋の国立文楽劇場で人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)を見てきました。 定年後の生活を送るようになってから、日本の歴史に強く惹かれるようになり、江戸時代の生活がタイムカプセルのように保存されている人形浄瑠璃に興味を持ったのと、…

稲垣えみ子さん(情熱大陸)と Chromebook

この前の日曜日の夜、 Chromebook に向かいながら「情熱大陸」を横目で見始め、オヤッと思わず画面に見入ってしまいました。 最近、料理人や医師がよく取り上げられ、わたしとしてはあまり興味を持てる内容が続いていたので、今回も期待していなかったところ…

ピカピカの一年生と Chromebook

今朝、孫の「ぼくちゃん」が、入学式に桜満開の小学校へ母親に連れられて行きました。 ついこの間までよちよち歩きだった赤ちゃんがもう小学校へ通うのですから、こちらが年をとっていくのも道理なわけです! これから、小学校6年間、中学校3年間、高等学…

大河ドラマ「真田丸」と Chromebook

先ほど、NHK大河ドラマ「真田丸 第13回 決戦」を見終わったところです。 今回は、兵数で圧倒的に有利な徳川勢の大群を、少数の真田軍が奇策を弄(ろう)し敵をさんざん翻弄(ほんろう)した挙句、大勝利を遂げる、というストーリーでした。 完全に不利な状況…

さくら と Chromebook

♬ さくら さくら やよいの空は 見わたす限り かすみか雲か 匂いぞ出ずる いざやいざや 見にゆかん ♬ あちこちで桜の開花が聞かれるようになりました。 今日も、日差しは暖かく、まさに春が来ています。 昨年は、「大阪夏の陣から400年」ということで大阪…

コンビニ・コーヒーと Chromebook

会社勤めを終え、定年後の生活を送るようになってからほぼ5年が経ちました。 「定年後のゆる〜い生活」は、わたしの性(しょう)に合っていると思っています。 わたしがまだ若い頃、新聞の記事で、定年後の生活を送るようになった人へのインタビューを読ん…

ダイソンと Chromebook

定年後の生活に入る前は、いわゆる会社中心の生活でした。 自宅にいるのは、平日は午後9時以降、週末は日曜日だけ(土曜日は休日出勤)。 ところが、定年退職後、自宅にいる時間が長くなったので、家事の一部を受け持とうと思いました。 いろいろな家事があ…

世界卓球と Chromebook

今年の世界卓球がおもしろい! このところ、リオデジャネイロ・オリンピック参加を目指してのスポーツ競技が連日放映されています。 女子サッカーチームなでしこジャパンの対オーストラリア戦から見はじめ、オリンピックで優勝するのはむずかしいが参加はま…

インフルエンザと Chromebook (その2)

一週間のご無沙汰でした! この一週間、インフルエンザの嵐がわが家を襲い、吹き荒れ、そして、去って行きました! 保育園で感染した孫から始まり、順に、次から次へと感染し床に伏せっていきました。 わたしも薬を飲みできるだけ安静にしていましたが、深夜…

インフルエンザと Chromebook

今の時期、インフルエンザが猛威を振るっています。 昨年の今頃、人生で2回目のインフルエンザにかかりました。 孫が保育園でもらってきたのが、同居者に感染したからです。 1回目のインフルエンザにかかったのは十数年以上も前で、その時はインフルエンザ…

江戸時代と Chromebook

前回に古文書、前々回に本居宣長旧宅について書きましたが、江戸時代の家の生活と今の時代の生活とどれくらい違うものなのか、考えてみるのも面白いと思います。 江戸時代は数百年も前なので、まず、わたしの子供の頃、60年くらい前のわたしの家の生活と今…

沖縄と Chromebook (その2)

さきほど三日間の沖縄旅行から帰ったところです。 きれいな海辺を見晴らすカフェや海遊館のような「美ら海(ちゅらうみ)水族館」なども回りましたが、「ガンガラーの谷」が一番印象的でした。 シダの葉やガジュマルの木など亜熱帯性の植物が繁茂する太古の…

沖縄とChromebook

今日は孫たちと沖縄に来ています。 あいにくの曇りですが、水辺へ行くとやはり水は透きとおり、魚が泳ぎ回る様子がハッキリ見え、チビさんたちは大喜びでした。 行くところ行くところ、どこも外国人でいっぱいでした。 タイトルにいつものように Chromebook …

「真田丸」と Chromebook

昨夜、「真田丸 第一話」を見ました。 前に書きましたように、定年後の生活でそれまで興味のなかった日本史が俄然おもしろく思えてきて、ずっと見ていなかったNHKの大河ドラマも見るようになりました。 一昨年は、「軍師官兵衛」を一年間おもしろく見ました…

初詣と Chromebook

昨日、孫を連れて初詣にはじめて住吉大社へ行きました。 初詣は、人出が多く混雑しているのでいつもは行かないのですが、天気もよく暖かかったので車で出かけました。 ところが、車は近くまで行けるのですが、大社に通じる道の角々に警官が立っていて侵入禁…

図書館の老紳士

会社生活を離れて平日の昼間、世間をウロウロしようとすると、なかなか居場所を見つけるのが大変です。サイモン&ガーファンクルの「オールド・フレンズ」で歌われている公園のベンチにすわって冬の夕暮れを待っている老人のように、お金がかからず居心地がよ…

「のび太」、「ちびまる子」そして「ともぞう」

うちには、6才の男の子と4才の女の子の孫2人がいます。 性格はちょうど、アニメの「のび太」と「ちびまる子」のような感じです。 そうすると、私はさしずめ「ともぞう」か?(ハゲてはいない) 気弱で運動よりもゲームが得意な男の子と、特に教えたわけで…