読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年後のゆる〜くたのしい日々

〜読書、語学、パソコン、音楽などをたのしむ日々のくらし〜

運動会 と ジャズピアノ

www.youtube.com 一昨日の日曜日は、孫たちの小学校の運動会でした。 わたしたちが小学生の頃、運動会はさわやかな秋空の下で開くものと決まっていましたが、時代が変わり今は5月に開催されます。(地域によって異なるのかは知りませんが)これは、秋だと運…

二人のセクレタリー、ヨガ (YOGA BOOK) と クロム (Chromebook)

いつも二人のセクレタリー、ヨガとクロムに手伝ってもらっています。どちらも優秀で個性的なキャラの持ち主です。 ヨガは、よく日に焼けて浅黒く、スタイル抜群!キリッと引き締まったスリムなボディーで、人目を引きつけます。また、活発で身軽で行動的! …

「クライマーズ・ハイ」と 日航機墜落事故

「クライマーズ・ハイ」(横山秀夫)を読みました。最初、読み始めると、登山のシーンが描かれ、次に地方の新聞社内へと場面展開します。これから始まるストーリーもまだ把握できていないこともあり、もうひとつ乗れない気分で読み進みました。 ところが、ほ…

「ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則」と ジャズピアノ

この本は、ジャズの初心者用教則本です。アマゾンをあちこち見ているうちにたまたまぶつかり、説明文やレビューを読むと、ピンとくるものがあり購入しました。 前々回のブログ「Ways of the Hand(鍵盤を駆ける手)と ジャズアドリブ」の中で、ジャズピアノ…

「Bluetooth テザリング復活」と YOGA BOOK

3週間ほど前、iPhone6 Plus と YOGA BOOK wih Windows10 を Bluetooth テザリングでつなごうとしたところ、突然ペアリングさえできなくなりました。その数日前にはできていたのでどうにかつなごうと思い、両方のデバイスをいじくり回しましたがダメでした。…

「Ways of the Hand(鍵盤を駆ける手)」と ジャズアドリブ

十年ほど前、ジャズアドリブに魅せられて恐る恐るピアノを触り始めた頃、「Ways of the Hand(鍵盤を駆ける手)」(David Sudnow) という本をネットで知りました。 著者は、米国の社会学者で、自らジャズピアノを習い、習得していく過程を考察し、その分析結…

ジャズピアノ と iPhone 神アプリ

「鬼の居ぬ間に洗濯」でなく「孫の居ぬ間にジャズピアノ」です!ゴールデンウィークで孫たちが出かけて行った後の静かな家の中、ジャズピアノの練習にもってこいです! 練習途中に孫たちにじゃまされることなく、リラックスしてピアノに集中できます。 楽器…

軍艦島(ぐんかんじま)と「端島(はしま)の女」

ゴールデンウィークまっただ中!日本列島全体が大移動の渦で溢れています!「毎日がウィークエンド」の定年後の生活を送る身にとっては、どこも渋滞のこういうときは、甲羅の中にすっこんだ亀のようにじっとし、連休の嵐が過ぎ去り、再び静けさが戻ってから…

「一瞬のリセット」と「一週間のiPhone のない生活」(その2)

iPhone から YOGA BOOK への Bluetooth テザリングがうまくいかないのにいら立って、iPhone の設定で情報のリセットを押してしまい、「工場出荷時の状態」に戻ってしまいました!それでも、ここから「サインイン」をして、消えたデータを iCloud から復元し…

「一瞬のリセット」と「一週間のiPhone のない生活」

この一週間、「iPhone なし」で過ごしました!ことの発端は、Bluetooth テザリングからでした。 ちょうど一週間前のブログで、それまで問題なかった Bluetooth テザリングが、突然つながらなくなったことを書きましたが、iPhone が、Bluetooth で YOGA BOOK …

「冬のアゼリア」と 近現代史

この前読んだ「オホーツク諜報船」と同じ作者の作品ということで、「冬のアゼリア」(西木正明)を読みました。まず、何と言っても、先の昭和天皇が皇太子だった大正十年、香港で皇太子拉致暗殺未遂事件があったことをはじめて知って驚きました! 皇太子(後…

ジャズピアノ と「深い谷間」

相変わらず、ぼちぼちと急がずジャズピアノと戯れています。練習曲は、これも相変わらず「枯葉」です。まだまだ、当分変わりません! 右手担当のテーマ(「枯葉」メロディー)は、一応弾けるようになりました。左手担当の「枯葉」に出てくるコード(和音)は…

「Bluetooth テザリング」と YOGA BOOK

朝マックに来ています。店内は客が少なく、書類やパソコンの画面に静かに見入っている人もいます。 リュックから YOGA BOOK with Windows10、ポケットから UQ mobile sim 付き iPhone を取り出し、テザリングを試します。はじめて試したときは、問題なくでき…

「オホーツク諜報船」と「霧の向こう側」

先月ブログで取り上げた「知の教室」(佐藤優)の中に、作者佐藤氏と作家西木正明氏との対談が収録されていて、そこで「オホーツク諜報船」(西木正明)を知りました。「オホーツク諜報船」は、今から37年前、ソ連が崩壊する10年ほど前に書かれたノンフ…

「次世代を担う健やかな子供たち」と「もったいない」

さわやかな四月の風に、散り残った桜の花びらが舞う公園の一角。滑らかな石で造った大きなスベリ台を、大勢の子供たちが歓声を上げていっせいにすべり降ります・・・ 昨日、孫たちを車に乗せ、広い公園に連れて行って遊ばせました。青空のもと、思いっきり走…

「完本 1976年のアントニオ猪木」と「リアルファイト」

力道山の「空手チョップ」とザ・デストロイヤーの「4の字固め」の息詰まる攻防戦! 団塊の世代が小学生だった頃、みんな「プロレス少年」でした。近所の仲間とよくプロレスごっこで「キーロック」や「4の字固め」の真似をして遊びました。 成人してからは、…

"boys mature slow" と ジャズ・アドリブ

47歳からのニューヨークジャズ留学記「9番目の音を探して」(大江千里)を読んだ後、さっそく著者のジャズ第1作目のCD "boys mature slow" (Senri Oe) を聴きました。 直訳すると「少年はゆっくりと成熟する」というタイトルは、自身の遅くしてジャズの…

「9番目の音を探して」と ジャズコード F7

今日は月曜日、孫娘の初登校日です。金曜日に入学式を終えたばかりの「ピカピカの一年生」です!眠い目をこすりながらも、おニューのランドセルを背負って出かけていきました。(ガンバレ!ちびまる子!じゃりン子チエ!) さて、前回触れた「9番目の音を探…

「9番目の音を探して」と YOGA BOOK

今日は、図書館に来ています。これから、一昨日契約したばかりの UQ mobile の格安シムを入れた iPhone6 Plus の Bluetooh テザリングを利用して、YOGA BOOK でブログを書こうと思います。そして、1時間経過した時点で、どれだけのデータ通信量を消費したの…

UQ mobile と YOGA BOOK(その2)

今、マクドナルド店でこのブログを書いています。ここに来る前、 UQ mobile を取り扱うジョーシン店へ行き、UQ mobile の格安シムを購入し、その場でシムを入れ替えたのでした! 前回検討した MNP はやはりせずに新規番号に変えました。(11,500円の節約!)…

UQ mobile と YOGA BOOK

YOGA BOOK を外へ持ち出してブログを書くときは、Huawei のIDEOS を WIFI ルーターとして使っています。IDEOS には、日本通信の格安シムを入れています。 昨年の秋、iPhone6 Plus が au 2年契約を満了したので、mineo 格安シムに入れ替え、それまでの月5~…

「雑草の絵本作家」と YOGA BOOK

今、NHKスペシャル「雑草という小宇宙」を見ています。 86歳のおばあさんが、毎日京都の嵯峨野の田んぼや野原へ出て草花を一日中観察します。おばあさんは、小さい子供のように草花の小宇宙で起きることが何もかも面白いのです。好奇心のかたまり、そのもの…

"YOGA BOOK Halo Keyboard" と 大和研究所

ネットをググっていると、最近はあまり話題になることも少なくなった YOGA BOOK が取り上げられていました。"PRESIDENT Online" の記事「ユーザーの心を読むキーボードとは ~レノボ YOGA BOOK の企画書」でした。 今、このブログを入力している "YOGA BOOK …

「知の教室」と「外務省のラスプーチン」

小学校が春休みになりました。 孫たちは4月の始業式までずっと休みで家にいます。(当分あわただしい毎日が続くのだッ!)今日も孫たちを連れてショッピングモールに来ています。「ドラえもん」の映画を見に来たのです。わたしは、ひとり別行動で、「スタバ…

「音の記憶」とジャズピアノ

書店に入ったとき、店頭に平積みされている本の表紙に目が行きました。端正な女性がピアノの前に座り、微笑みを浮かべてこちらを眺めています。けばけばしい本の装丁が多い中、モノクロを基調にしたシックなデザイン。手前のグランドピアノの黒と女性の白い…

ジャズピアノ と「起立!礼!着席!」(その2)

♫ ミソド~ 起立!♫ レソシ~ 礼!♫ ミソド~ 着席! ギリシャ時代、ピタゴラスが探求した音階は、その後改良され、バッハの時代には「十二音平均律」となり、現在、ピアノの鍵盤などで見られる一般的な音階となっています。 ある音ともうひとつ他の音を同時…

ジャズピアノ と「起立!礼!着席!」

♫ ジャ~ン(ミソド)♫ ジャ~ン(レソシ)♫ ジャ~ン(ミソド) 小学校でおなじみの「起立!礼!着席!」の伴奏です。コード(和音)で表すと「CーGーC」となります。これは、「安定した状態からいったん不安定状態になった後、再び安定状態に戻る」という…

IDEOS + ENELOOP と YOGA BOOK

外出先でブログを書くこともよくあります。その時にいつもリュックに入れておく必須3点セットがあります! ①YOGA BOOK with Windows10使いだしてもう3ヶ月経ちますが、手にしない日はありません。ブログの入力、ネットサーフィン、電子版新聞や電子書籍を…

WBC(ワールドベースボールクラシック)と 草野球

今、野球が面白い!そうです、WBC(ワールドベースボールクラシック)です!始まるまでは、大谷の出場辞退もあり、そう大して期待していませんでした。初戦から強豪キューバと当たるので一敗は免れず、早いうちに敗退してしまうのだろう、と覚めた眼で画面を…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(最終)

50歳代に入ってジャズピアノの独習をはじめたものの、教則本の内容を消化しきれず、いや、消化する以前に飲み込むことすらできませんでした!ジャズのスタンダードなど数曲の指の運びを苦労して丸暗記し、たどたどしいながら弾けるようにはなりましたが、…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その5)

楽器を習い始めた人の常として、教則本と格闘し、途中で刀折れ矢尽きてしまうことがよくあります。わたしも、いろいろと教則本を読み始めてはついていけなくなり、今度こそはとまた別の教則本に手をのばしてはまた放り出す、という繰り返しでした。 ある時、…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その4)

とにかく、無謀にも、物覚えが悪くなり体の動きが鈍くなる歳になってはじめて、ジャズピアノの大海の荒波に船出したのでした。ピアノに向かい、手足をそれぞれ別々の作業をさせるのが大変でした。左手でコード、右手でメロディー、左足でリズムカウント、眼…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その3) 

50歳を過ぎて始めたピアノの独習で、やっと丸暗記でどうにか弾けるようになった曲も、しばらく弾かないうちにすぐ忘れてしまい、また覚え直すという「イタチごっこ」の連続でした。それでも、膨大な時間をかけた「SUMMER」だけは、忘れないように毎回練習…

ジャズピアノ と YOGA BOOK(その2)

前回、十数年前、50歳を過ぎて初めてピアノを独習しようと思った経緯を書きましたが、もう一つキッカケがありました。あるテレビの番組で芸人の今田耕司が自宅をビデオで紹介していました。きれいに整頓された部屋の真ん中に、大きなグランドピアノが据え…

ジャズピアノ と YOGA BOOK

今日から3月が始まります。もうすぐ春本番、花見や行楽などウキウキする季節になります。会社に勤めていた頃、春は新年度の始まりで、毎日忙しく花見の余裕もありませんでした。今は晴れて自由の身(?)となり、先日は梅の花見にも行ってきました。 ところ…

"A Clean Well-Lighted Place"(清潔で明るい場所)と YOGA BOOK

とあるマクドナルド店に来ています。 最近はどこの店舗もリニューアルして明るくきれいになっています。なにより、スタッフの応対がリニューアル(?)され、シニアにも笑顔を向けてくれます。マニュアルどおりの表面的なものかもしれませんが、それで充分で…

Bluetooth キーボード と YOGA BOOK

YOGA BOOK を手に入れて早2ヶ月ですが、ネットサーフィン・電子書籍や電子新聞の閲覧・ブログ入力など毎日使わない日はありません。自宅にいるときはもちろんですが、外出時にも IDEOS(WIFIルーター)と一緒にリュックに放り込んで持ち歩いています。 あ、…

カラス撃退てんまつ記

おもてで騒がしい音が聞こえます。クァ~ッ!クァ~ッ!クァ~ッ! あッ、ヤバイッ!とあわてて玄関前へと走り出ました。門の前のビニール袋の下部に小さな穴が開いていて、周りに野菜のクズが散乱しています。 やられた~!あたりを見回しましたが、黒い影…

「日本漂流譚」と YOGA BOOK

よく晴れた冬の青空の下、町中の昔の街道を散歩するのは気持ちのよいものです。凜と張りつめた冷気の中を少し早足で歩いていくとだんだん体が暖まってきます。しばらく歩くと駅近くの古書店に着き、面白い本がないか端から順に見ていきます。そこで、変わっ…

超個性派ガジェット と YOGA BOOK(その2)

前々回で超個性派ガジェット Graalphone に熱いまなざしを送りましたが、またまた、新種を見つけました。「GPD Pocket」がそれです!(写真上) YOGA BOOK と同じく中国製です。 中国製品は、欧米や日本のようにまだ成熟していないからなのでしょうか、新しい…

「盤上に散る」と 将棋の思い出

「盤上に散る」(塩田武士)は、前々回に紹介しました「盤上のアルファ」の続編とも言える物語です。 同じ人物が登場しますし、また、新たな人物が主人公となって、関西を舞台に熱い物語が繰り広げられます。もちろん、将棋にまつわる物語です。それも、今で…

超個性派ガジェット と YOGA BOOK

平日朝のマクドナルド店。 今日は、客が少なくとても静かです。 奥のソファー席に座り、リュックサックから「日経」を取り出し、McCafe を飲みながら紙面に目を通します。 周りには少し離れたところで、なにか書きものをしている若い女性だけです。 音量を絞…

「盤上のアルファ」と YOGA BOOK

前々回で紹介しましたグリコ・森永事件を題材にした「罪の声」が予想以上に面白かったので、著者塩田武士氏のデビュー作「盤上のアルファ」を読みました。 著者は、現在37歳の若手小説家なのですが、デビュー作は31歳のときに書いたものです。 これだけ…

Google ブックス と YOGA BOOK

YOGA BOOK with Windows10 で Google ブックスの電子書籍を読み始めました。 前回のブログで面白くて取り上げた「罪の声」の作者(塩田武士)の他の作品を読もうと思ったからです。 「罪の声」は Kindle 電子書籍で、YOGA BOOK with Windows10 の Kindleアプ…

「罪の声」と YOGA BOOK

YOGA BOOK で電子書籍「罪の声」(塩田武士)を読みました。 最初のプロローグを読んだとき、いきなり心臓をわしづかみにされたような感じを覚え、それからは、時間のある限りただひたすら文字を追い続けることになりました・・・ この本を読み始める前の予…

電子書籍 & YOGA BOOK

午前中の図書館は、人が少なくとても静かです。 背負っていたバックパックを机に乗せ、イスに腰掛けます。 バックパックのジッパーを開け、IDEOS と YOGA BOOK を取り出します。 IDEOS のスリープを解除し、小さな液晶画面の WIFI テザリングアイコンをプッ…

「櫛挽道守(くしひきちもり)」と YOGA BOOK

1ヶ月余り前、YOGA BOOK を手に入れてから読書のペースが急に落ちました。 初めての YOGA BOOK、初めてのWindows10 に触れて、その使い方に慣れたり、また、使いやすいようにチューニングしたりで、手一杯だったからです。 YOGA BOOK は、これまでにない「…

スケッチ と YOGA BOOK

今日は気分を変えて Chromebook Flip でブログを入力しています。 この1ヶ月、ずっと YOGA BOOK で入力していたので、Chromebook のリアル・キーボードを入力するときも、つい指を浮かして不用意にキーに触れない状態になっています。 「慣れ」とはすごいも…

IDEOS & YOGA BOOK

YOGA BOOK と IDEOS のセットではじめて外へ持ち出しました。 雪がチラホラ舞う中を歩き、やっとドトールコーヒー店にたどり着きました。 ドトールの店内は、寒気に慣れた身体には暑いくらい暖房がよくきいています。 ここでは、YOGA BOOK のバーチャルキー…

「ノマド(IT遊牧民)モドキ」と IDEOS

今、このブログを入力しているのは Chromebook です。 Chromebook・Yoga Book とも、エディターは「Writebox」、日本語入力は「Google日本語入力」と、まったく同じ環境で入力しています。 違っているのはキーボードで、一方が「リアル」、もう一方が「バー…